• ブログ主:こうさん
  • (2014年~)臨床検査技師として医療界で7年ほど従事。
    (2020年~)自分の経験を発信するためブログを始める。
    (好きなもの)ドライブ・ゴルフ・資格取得・アニメ・ゲーム
  • プロフィール詳細へ
  • お問い合わせはコチラ

【社会人に慣れた今が危険!】ビジネスマナーが必要な場面・理由徹底解説します!

私は臨床検査技師という医療従事者として7年ほど働いています。

医療機器メーカーや他院の先生(医者)など外部の企業や上の立場の方と関わることが多く、日頃からビジネスマナーの重要性を感じております。


さて社会人として3年~10年と働いてきて少し慣れてきてのではないでしょうか。毎日にマンネリ化を感じていませんか?

そんなあなたでも最近上司からビジネスマナーがなっていないと言われたり、直近で取引先への挨拶や来客訪問があったり、電話対応に苦手意識があったりしませんか?
   
今の自分には本当にビジネスマナーが必要なのかもう一度しっかり学んだ方が良いのかお悩みではないでしょうか?


そんなあなたの悩み、解決できます!


この記事ではビジネスマナーがやっぱり必要な場面・なぜ必要なのか解説していきます。

社会人としてある程度経験を積んできた、ビジネスマナーは新人の時にしっかり研修しているというあなたが本当にビジネスマナーを再確認・より深く学んだ方がいいのか、あなたが直面している場面(悩み)と本記事の解説を照らし合わせながら確認していきましょう。


本記事は以下の内容で進めていきます。

〇ビジネスマナーが必要となる場面とその理由

〇一時の慢心(今のあなた?)が今後の人生を崩落させる危険性

〇ビジネスマナーを確認・学習する方法(付け焼刃は時間の無駄!)

冒頭で少し触れましたが、私は医療従事者としてもビジネスマナーが重要だと考えセミナーや資格講座などに参加しています。

そのおかげで企業や医者とも円滑なコミュニケーションがとれて自分の希望を通せることが増えました。


医療界でもかなり役に立っているスキルですから営業や企画・開発を行っている方はもっと必要な場面が多いのではないかと思います。


そして今回の記事では私の友人(SE、食品会社の開発担当)・知人(保険会社の営業)から聞いた話も基にしています。偏った視点で解説してしまうことのないように執筆しております。


安心してお読みください。

ビジネスマナーがやっぱり必要な場面

~そしてなぜ必要なのか本質を知ろう~

ではさっそくビジネスマナーがどんな時に必要になるのか、またなぜ必要になるのか確認していきましょう。

あなたの最近の出来事を1つ1つ振り返りながら見ていくことが大切です。


①会議

会議では自分の意見を述べるタイミング、構成、振る舞いが重要です。これら要素が欠けていれば誰も耳を傾けてはくれません。流されるでしょう。心当たりはありませんか?

ビジネスマナーでは意見を述べるタイミング・振る舞いを学べます。それらをマスターしていれば心に余裕が生まれます。あとは会議のテーマについて自分の考えや述べようとする意見の構成を事前準備していれば何も恐れることはありません。


表の主導権は上司や管理職が握っていても、あなたがビジネスマナーをしっかりマスターしていればあなたの意見で上司や管理職が自然と流され会議全体を掌握でき裏の主導権を握れます。

少しいやらしい言い方をしましたが、いわゆる仕事ができる人はそれを分かっているのです。

つまり仕事ができる人間の基礎にはビジネスマナーがあるのです。





②商談

商談の成功はある意味でいかに相手を洗脳できるかです。洗脳するには自分を信用させる必要があります。


ビジネスにおいて信用を得るには、実績・話術・振る舞い(身なりや言葉使いなど)の3つが重要です。

実績はあった方が良いですが、話術でカバーできます。相手が自然に納得する文章構成や熱意といったところです。ビジネストーク術については他の記事で解説しておりますが、ここではテーマからそれるので解説はしません。

そしてこの話術の土台となるのが振る舞い、すなわちビジネスマナーということです。つまり商談成功の基礎になるのがビジネスマナーということです。

少し考えてみてください。身なりが汚く、言葉遣いもめちゃくちゃ、気遣いや礼儀が分かっていない人物の提案に乗ろうと思いますか?熱意があっても話が面白くても「なんかこの人いやだな」と本能的に避けたくなりませんか?

商談において商談トークの練習や分かりやすい資料を作る前にビジネスマナーをしっかり習得することが先決だということです。





③営業

ビジネスマナーといえば営業をイメージする方が多いでしょう。実際その通りで営業にはビジネスマナーは必須といえます。そして新人研修レベルのビジネスマナーでは通用しないこともしばしばあります。

本来であれば新人研修+先輩・上司の正しい指導や経験によりどこでも通用するビジネスマナーが身についているはずです。しかしあなたが今ビジネスマナーに悩んでいるということはどれかが不十分だったということです。

ですからあなた自らでビジネスマナーを深く学びなおさなければなりません。

「まじかあ…」と思った方も安心してください。最後の項目で勉強方法を伝授します。





④上司や社長とのコミュニケーション

社会人がビジネスマナーを必要とする最も身近なパーソンです。しかし身近なだけにマナーがないがしろになってしまっていませんか。フレンドリーな上司であればなおのことと思います。


そして身近な存在であるからこそ、常日頃からあなたの振る舞い(ビジネスマナー)を見られ評価されていることに気が付いていますか。そういうことはあまり言わない上司でもしっかり見ていますよ(それが上司の仕事ですので…)。

また飲み会などで「お前はビジネスマナーがなってないよな」といわれることもあるかと思います。あなたは真剣に受け止めていますか?酔っぱらっていたり機嫌が悪く、いくらか誇張して言っているかもしれません。しかし火のない所に煙は立たぬということで、普段のあなたのビジネスマナーに欠陥があるからこそ、それが蓄積し目に余るものになってしまったのです。


そうした上司陣の評価は昇進などに関わってきます。同じような能力の同僚や先輩いれば、普段から好印象な社員を選択するのは当たり前ですよね。

焦らなくても大丈夫です。最後の項目で正しいビジネスマナーの学び方について伝授します。





⑤来客時の対応

来客の対応担当はもちろん、関係ない方でも来客と挨拶なり言葉を交わすことはあります。そこで一番重要なことは何か。

それは第一印象です。

あなたも経験あると思いますが、来客担当者よりもすれ違う会社員の方が目につきませんか?身なりは整っているか、会釈・挨拶は正しくできているのか。だらしない会社員とすれ違えばいくら来客担当者がしっかりしていてもその会社への印象は悪いものに変わっているでしょう。

自信のない方はビジネスマナーをしっかりと習得するまでは来客との接触を避けるべきです。


来客担当者は会社の看板になるのですから、今までの経験や先輩の指導以外にも自分でビジネスマナーを見直さなければなりません。





⑥電話対応

よく電話対応に関する講座やセミナーを見てみると、どれも一番初めにビジネスマナー教育から始まります。つまり電話対応も基盤にはビジネスマナーがあるわけです。

新人研修でも電話対応について研修するところが多いですし、先輩からも学んできたと思います。しかし電話対応が苦手・電話取りたくない・めんどくさいと感じている方は多いです。

電話対応について学び、経験を積んでいるはずなのになぜなのでしょうか。

もうお分かりかもしれません。ビジネスマナーという基盤が穴だらけだからです。騙されたと思ってビジネスマナーを再確認してみてください。


日本人は日本語を話します。当たり前です。
反対に日本語が話せないまたは変な日本語をしゃべる日本人は周りから引かれ距離をおかれるでしょう。

働く社会人も同じです。ビジネスマナーは働く社会人にとって標準言語です。それができないならば電話対応ができない(苦手)なのは当然ですよね。





⑦他:何気ない(予期せぬ)場面

ここまではビジネスマナーが必要かもしれない場面に直面しているあなたに「やはりこんな場面でビジネスマナーが必要ですよ」と解説してきました。

しかしここでは上司に「ビジネスマナーがなってない」と言われたり、漠然と自分はビジネスマナーが足りないのかなと思っている方に、あなたはビジネスマナーを再確認すべきなのか解説します。


結論は一刻も早くビジネスマナーを再確認・再習得すべきです。

なぜならビジネスマナーが必要になる場面はあなたも、私も、上司もビジネスマナー講師も誰も予想できないからです。

「結局ビジネスマナーをしっかりやらないとダメなのかよ」なんて思いましたか。

ビジネスマナーは働く社会人にとっていわば標準語のようなものです。標準言語を話せない人間に仕事を任せようと思いますか?信頼できる人材だと思いますか?危なっかしいですよね。


ここでビジネスマナーが必要になった予期せぬ場面を1つ紹介します。

喫茶店や道で知らない人と会話するなんてことがごくたまにあると思います。
その人物が取引先など仕事関係の人物である可能性もあります。世の中狭いですから。そこで社会人として正しい礼儀やふるまいで対応できればその時点で相手からの信頼は勝ち取れます。プライベートでもしっかりしている、仕事だけ猫かぶっているわけではないのか、この人なら信頼できるというわけですね。


ビジネスマナーが定着していれば予期せぬ出来事でもチャンスに変えることができます。他にも普段の振る舞い方もマナーが定着していれば周囲の評価も上がりいざというときに仕事ができる人として自分を守ってくれるでしょう。


ここまで紹介したビジネスマナーが必要な場面(会議、営業など)に直面していない方は少しずつでいいです。最後の項目でビジネスマナーんお学習方法を解説していますので、ぜひ実践してみてください。






”慣れ”が最も危険!周囲が鳴らす警鐘とは

社会人として働き始めて数年すれば、その環境に慣れてきます。それは良いことです。そして新たな業務を任せられ今度はそちらに専念していることでしょう。新しいことを習得することは自分のグレードアップになります。


しかし慣れた部分をグレードアップしようとする人は少ないです。「基本に笑うものは基本に泣く」という言葉の通りです。ビジネスマナーもそうですが、一度慣れを迎えたということは単に初期段階をクリアし中級への壁にぶつかっているだけのことです。

つまり慣れたから良いで終わらせればそれ以上の成長はなく、初心者から一向に抜け出すことはできないでしょう。そのまま年を重ねれば仕事のできない・基本ができない社会人の完成です。そうなったら手遅れです。ただの老害に認定されます。


慣れてきたなと感じている今だからこそさらに深い部分まで理解でき成長できるチャンスなのです。


さらにその慣れは100%正しいものでしょうか。自分ではわかりません。慣れを感じたならば、客観的視点で振り返り間違いを修正する作業が必須なのです。


ビジネスマナーを問題集に例えてみます。

問題集の解き始めは大変ですし辛いです。問題を解くスピードも遅いですよね。しかし中盤以降は慣れが出てきて速く問題を解くことができます。そして問題集をすべて解き終わったらどうしますか?答え合わせをしませんか?解いた答えが間違ったまま放置する人はあまりいないですよね。

ビジネスマナー含め、「慣れ」の答え合わせをしましょう。間違ったビジネスマナーのままでは、新人と同じレベルなのです。


ではあなたのビジネスマナーが正しいものか答え合わせする方法を次の項目で解説します。また自分はビジネスマナーが不十分だから学びなおしたいという方も同じ方法になりますので、このまま続きをご覧ください。






正しいビジネスマナー習得法

<注意点>
今回の記事の対象者は
〇直近でビジネスマナーを必要としている方
〇直近では必要ないが上司に指摘されたり、自分でビジネスマナー不足を認識し近いうちに習得したいなと考えている方
になりなります。

後者はこれから解説する習得法を実践していただければ問題ないです。しかし前者に当てはまる方は焦ってはなりません。

直近で会議などを控えている方はその回は今の状態のまま参加してください。決してビジネスマナーを付け焼刃で学んではなりません。逆に自分の評価が落ちる可能性があります。今ビジネスマナーの必要性を認識できただけで十分です。

ビジネスマナーは客観的に評価されるからこそ活きてきます。つまりビジネスマナーの独学は禁忌です。本やネット記事には正しいものも間違ったものもあります。それを自分で勝手に「これは自分に足りないものだから実行していこう」などと判断することが間違いなのです。


<正しい勉強方法>

ではどのようにしてビジネスマナーを勉強していけばよいのでしょうか。

それは権威あるセミナーや講座を受講し取捨選択せずにすべて実行することです。これしかありません。

取捨選択することは独学することと同じです。
あなたがビジネスマナーで足りない部分など自分では絶対にわかりません。ビジネスマナーができているかは他人が評価するものです。それをプロが講義したビジネスマナーを自分が勝手に取捨選択するなどもってのほかです。


社会人経験数年以上でのビジネスマナーは昨日の今日で習得できるものではありません。ですから本やネットでの付け焼刃の知識では、それ自体間違ったマナーかもしれない・いざというとき忘れる・定着していないので思い出しながら行いぎこちなく不信感を持たれるなどデメリットしかありません。


<おすすめ講座紹介>

これからの時代、オンラインビジネスが主流になり資格保有者が優遇されてきます。であるからこそビジネスマナーをオンラインビジネス領域まで学べ資格で証明できれば最強の武器になります。


そこで私が強くおすすめしたいのが「オンラインビジネスマナー検定」です。

検定ですのでビジネスマナーの習得を形として証明できます。そしてこれからの時代の流れを見据えたオンラインビジネス領域まで習得できます。

スマホで学習もできます。そして今なら期間限定で35,000円のところ40%引きの20,000円で受けることができます。

オンラインビジネスマナー検定を受ければ、安心できると思います。

ウィズコロナで需要急増中!
【オンラインビジネスマナー検定】資格講座申込はコチラ

また私の記事ではオンラインビジネスマナー検定について分かりやすくまとめておりますので、申込前にもう少し詳しく知りたい方は以下からご覧ください。






まとめ

今回はビジネスマナーが必要になる場面とその理由について解説しました。

ビジネスマナーは働く社会人にとって標準言語です。ビジネスマナーが必要となる重要な場面は解説した通りですが、広く考えると働いているうえで常に必要となるものです。だからといって焦ってその辺に転がっている、にわかのマナーを信じてしまうとあなたの社会人人生は崩壊していくでしょう。

焦らず着実に正しいビジネスマナーを習得していくことが大切です。


社会人経験数年以上のビジネスマナーレベルは本やインターネット、先輩・上司の指導では補うことはできないです。ビジネスマナーのプロや認定機関が主催するセミナーや講座で学んでいかなければなりません。


多くの社会人がおろそかにしているビジネスマナーを再確認・より深く習得しましょう。自分をグレードアップし他人と差をつけることができれば、あなたの生活もグレードアップしあなたの思い描く楽しい毎日が待っているでしょう。


私のブログでは今回のような、働く社会人がスキルアップしていく秘訣を日々更新しております。ビジネスマナー以外にも自分の武器を持ちたいと考えている方は以下のカテゴリーページからご覧ください。様々な手段を解説しております。
カテゴリページ:スキルアップ
※おすすめ記事:社会人が取るべき資格34選


また医療従事者(臨床検査技師)である経験から臨床検査技師や医療情報も発信しております。あなたの周りに臨床検査技師になりたい方がいたり、医療業界について知りたいという方はぜひ参考にしていただけると嬉しいです。
カテゴリページ:臨床検査技師




今回もお読みいただきありがとうございました。




ではまた次回に。。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
入力欄はすべて必須項目です。