• ブログ主:こうさん
  • (2014年~)臨床検査技師として医療界で7年ほど従事。
    (2020年~)自分の経験を発信するためブログを始める。
    (好きなもの)ドライブ・ゴルフ・資格取得・アニメ・ゲーム
  • プロフィール詳細へ
  • お問い合わせはコチラ

【転職・昇進に必須】臨床検査技師が取るべき専門資格«検体検査分野»

私は臨床検査技師として7年ほど働いております。


その中で病院、クリニック(健診・ドック)、検査センターと渡り歩いてきました。つまり2回転職しているわけですが、実際には10社ほど内定をもらいました。


転職を成功させるためにそれぞれの職場で数々の資格を取り、自分の武器としています。


さて臨床検査技師として数年~10年ほど働いていると自分をグレードアップしたいとか新しいことにチャレンジしたいという思いが沸いてくることでしょう。

より高収入を得たい、新しい職場に移ってみたい、今とは違う仕事をしたい…そんな次のステップに進むため必ず必要になってくるのが「資格」です。


ステップアップを申請するうえで根拠・強みとなるものです。


今回は臨床検査技師として取得できる専門資格、特に検体検査分野における資格について確認していきましょう。


この記事では以下の内容で進めていきます。

・基本情報(内容、受験資格、日程)
・取得までの流れ、取得意義
・合格対策




私は主に生理機能領域で仕事していましたので、そのあたりの資格を多く取得しました。病院からクリニックに転職するときは良い人材だと判断されたらしくかなりの武器になりました。

しかし2度目の転職では生理機能以外の仕事をしたかったため医療以外の分野も含め幅広く資格を取った結果、選択肢も増え現在は充実した毎日を送っています。


人事部や上司と雑談しているとやはり「資格は強いな」といった話になり心の中で誇らしい気分になっています。


ということで今回は自分の経験や人事部・先輩や上司の話をもとにお伝えしていきたいと思います。

資格紹介

資格を紹介する前に1つだけ大切な心構えをお伝えしたいと思います。

それは実際に資格を申し込むときや勉強している時に「なぜこの資格をとるのか」を明白にしておくということです。


現在担当している仕事に関わる箇所ならモチベーションを保てますが、担当業務と直結しない箇所の勉強はなかなか酷なものです。しかし資格取得後のビジョンが見えていれば、この箇所も重要な知識だと思えるはずです。


では各資格についてみていきましょう。

この記事では以下の項目で紹介していきます。

・内容、取得の強み
・日程、合格までの流れ
・受験資格





二級(一級)臨床検査士

最初の一歩

臨床検査技師国家資格の上位資格になりますが、試験範囲の7割は検体検査領域であるためこの記事で紹介しています。

現場で働いている臨床検査技師向けのより深い専門知識・技術が要求され、同時に高水準の医療経験を積んできたことを証明できる資格です。一級はさらに高度かつ指導的レベルを要求される中堅技師向けの資格です。


臨床検査士は、5~10年のキャリアから1つ上のステージに昇るためある程度レベルの高い難易度となっています。

取得しなくても検査技師として生きていけますが、日々学術研鑽が必須である臨床検査技師にとって臨床検査士免許取得は良い刺激となり、取得後には周囲の信頼や発言力がグンと上がるでしょう。


[主催]

日本臨床検査同学院[日臨技認定機構]
※日臨技認定機構(日臨技が他団体・他学会と連携)

[種類]

一級・二級(全8科目)

[試験]

試験日:例年7~8月
試験内容:筆記、実技(一級)

[費用]

受験料:27,500円(二級)
※一級は詳細ページを確認ください。
認定料:3,300円(二級)、5,500円(一級)

[合格までの流れ]

①ホームページから1次受付する(抽選あり)
 申し込み期間:例年1月中旬~末
②各書類を用意する
③書類提出(期間:例年2月中旬)
④試験
⑤合格発表
⑥認定手続き
⑦証書が届く

[受験資格]

●願書提出時に、その職歴についての所属長等の証明書を提出できる

[詳細ページ]

日本臨床検査同学院 (clmj.jp)





緊急臨床検査士

多くの臨床検査技師が目指している比較的メジャーな資格です。緊急検査分野の高度な知識や技術は臨機応変で迅速な対応力を発揮するうえで非常に重要視されています。

現在緊急検査室で従事している方はもちろん、そこに所属していない方も夜勤で輸血や迅速検査のオーダーを受けることがあると思います。検査技師として3~5年以上キャリアがあるのであれば、積極的に取得を目指しましょう。

上位資格として認定救急検査技師があります。


[主催]

日本臨床検査同学院[日臨技認定機構]
※日臨技認定機構(日臨技が他団体・他学会と連携)

[試験]

試験日:例年7~8月
試験内容:筆記、実技

[費用]

受験料:33,000円
認定料:3,300円

[合格までの流れ]

①ホームページから1次受付する(抽選あり)
 申し込み期間:例年1月中旬~末
②各書類を用意する
③書類提出(期間:例年2月中旬)
④試験
⑤合格発表
⑥認定手続き
⑦証書が届く

[受験資格]

●願書提出時に、その職歴についての所属長等の証明書を提出できる

[詳細ページ]

緊急臨床検査士試験 | 日本臨床検査同学院 (clmj.jp)





認定輸血検査技師

血液製剤

多くの検査室では輸血製剤の管理や輸血前検査を行っていると思います。ルーチン業務や夜勤で担当している中で日々輸血の知識や技術を勉強していると思います。長く勉強を積み重ねていると次々と勉強しなければならないことにモチベーションが保てなくなる時もあります。(それでもやらなければならないですが)

そんな時にこの資格を目標に勉強を進めれば、目標ができ前向きに進むことができます。また取得後には、無資格者よりも輸血の知識・技術が十分にあり仕事を任せらる技師だと認められ仕事がより楽しくなるでしょう。


[主催]

日本輸血・細胞治療学会

[試験]

試験日:例年6月(一次試験)、8月(二次試験)
試験内容:筆記(一次試験)、実技(二次試験)

[費用]

申請料:15,000円
試験前研修料:12,000円
一次試験料:10,000円
二次試験料:10,000円
登録料:20,000円

[合格までの流れ]

①臨床検査業務に5年(その内輸血業務3年)従事する
②日本輸血・細胞治療学会、日本臨床衛生検査技師会、日本臨床検査医
学会のいずれかに入会し3年以上会員になる
③学術活動審査基準50単位を取得する(過去5年間のうち)
④各書類を用意する
⑤申し込む(期間:例年1月)
⑥一次試験
⑦二次試験
⑧最終合格発表
⑨認定手続き
⑩証書が届く

[受験資格]

●日本輸血・細胞治療学会、日本臨床衛生検査技師会、日本臨床検査医
学会のいずれかに、現在および通算3年以上会員である。(申請時には日本輸血・細胞治療学会会員でなければならない)
●技師免許取得後、輸血検査歴3年、他の検査歴も含めて満5年以上の検査業務経験を有する
●論文、学会発表・参加、研修会参加等、学術活動を過去5年間で審査基準の50単位以上を取得する
●受験申請にあたって、輸血検査業務従事への理解と職歴記載確認の意味を含めて、所属長の了解を得る

[詳細ページ]

認定輸血検査技師について
一般社団法人 日本輸血・細胞治療学会 (jstmct.or.jp)





認定微生物検査技師

微生物分野では認定微生物検査技師が唯一の認定資格です。取得により高レベルな微生物臨床検査技師であることを証明できることと同時に経験豊富なキャリアがあることも証明できます(受験資格に学会・論文発表3回以上などが含まれるため)。

微生物検査を担当できる施設は多くありません。ですから現在担当している方や自分の勤める施設に微生物検査施設がある方は積極的に取得を目指しましょう。

資格は一生ものですから、現在の経験をしっかり形に残すことが大切です。


[主催]

日本微生物検査学会

[試験]

試験日:11月頃
試験内容:筆記、英文和訳、実技

[費用]

申請料:15,000円
受験・指定講習会受講料:20,000円
登録料:20,000円

[合格までの流れ]

①研修を5年以上行う(認定研修施設に勤める技師の場合)
※認定研修施設に勤めていない技師は指定講習会に参加する
②論文を筆頭者として1編以上、学会発表を筆頭者として3回以上行う
③各書類を用意する
④申し込む(期間:6月)
⑤書類審査
⑥合格通知(8月)
⑦(指定講習会+)試験
⑧合格発表
⑨登録手続き
⑩証書が届く

[受験資格]

●臨床微生物学検査(感染症検査)に関する基本的な技術を有する。
※微生物検査従事証明書提出あり
●認定研修施設において、協議会の定めた教育目標を遵守した研修を5年以上の期間にわたって行う。ただし認定研修施設に勤務していない検査技師は指定講習会の受講をもってこれに替える。
●臨床微生物学に関する筆頭者としての論文発表が1編以上、臨床微生物学または感染制御に関する筆頭者としての学会発表が3回以上ある。また学会発表3回は異なる演題・内容であり、2回以上は臨床微生物学でなければならない。

[詳細ページ]

認定臨床微生物検査技師制度 (jscm.org)





認定血液検査技師

認定血液検査技師も医療業界では広く知られている資格です。総合病院以下の規模であれば、検体検査室の一部として従事しているでしょう。規模が大きい医療機関だと血液部門として従事できる機会は限られることと思います。いずれにしても検査技師であれば取得を目指すべき資格の1つです。

上位資格には認定骨髄検査技師があり、より専門的でかつ骨髄標本や形態検査を中心に極めることができます。血液検査の真髄といえるでしょう。

[主催]

日本検査血液学会

[試験]

試験日:11月上旬
試験内容:筆記、面談、実技

[費用]

申請料:10,000円
指定研修会受講料:10,000円
受験料:10,000円
認定料:10,000円

[合格までの流れ]

①申込締切日までに血液検査業務に3年以上従事する
②日本検査血液学会に2年以上所属する
③申込締切日までに指定学術活動を審査基準に必要な100単位以上取得する
④申込締切日までに日本検査血液学会学術集会または日本検査血液学会
が主催する冬季セミナーに1回以上参加する
⑤各書類を用意する
⑥申し込む(期間:8月)
⑦試験
⑧認定手続き
⑨証書が届く

[受験資格]

●申請時において、2年以上日本検査血液学会の会員である
●申込締切日までにまでに、血液検査歴3年以上の検査業務経験を有している
●資格審査基準として申込締切日までに、学術論文、学会発表等の業績発表、学会、研修会参加、血液検査に関連した各種学会、講演会、研修会での活動による認定血液検査技師申請の資格審査基準に必要な100単位を取得している
●申込締切日までに、日本検査血液学会学術集会または日本検査血液学会
が主催する冬季セミナーに1回以上参加している

[詳細ページ]

一般社団法人日本検査血液学会(kenkyuukai.jp)





認定一般検査技師

一般検査における検査材料(尿、糞便、髄液、胸水、腹水、心嚢液、関節液、精液、鼻汁、胃液、膵液、BALF等)の取り扱いに関する知識、検査技術、指導・育成能力を問われる資格です。

一般検査という範囲での認定資格はこの認定一般検査技師だけとなります。他の医療従事者から見ると一般検査は軽視されやすい傾向にあります。しかし認定資格を保有していると周囲の評価が180°変わるように感じます。

臨床検査技師としては取得すべき資格の1つです。

[主催]

日本臨床衛生検査技師会

[試験]

試験日:11月
試験内容:筆記

[費用]

受験料:20,000円
登録料:5,000円

[合格までの流れ]

①一般検査業務に3年以上従事する
②日本臨床衛生検査技師会に入会する
③日臨技生涯教育研修制度を修了する
④各書類を用意する
⑤申し込む(期間:9月)
⑥試験
⑦合格発表
⑧登録手続き
⑨証書が届く

[受験資格]

●日本臨床衛生検査技師会会員で日臨技生涯教育研修制度を修了する
●一般検査実務歴が通算 3 年以上である

[詳細ページ]

認定一般検査技師
一般社団法人 日本臨床衛生検査技師会 (jamt.or.jp)





排尿機能検査士

排尿機能検査(尿流動態検査、残尿量測定、パッドテスト、膀胱内圧測定、尿漏出圧測定など)を行う医療スタッフが取得することのできる資格です。従来は泌尿器科医が担当していましたが、泌尿器科医の少なさと反対に年々検査の需要は増加しています。

現在検査の多くは看護師が担当していることが多いですが、臨床検査技師に検査依頼が来ることもあります。そんな機会があるならば、チャンスを逃してはなりません。積極的に仕事を受けていきましょう。

認定一般検査技師を合わせて取得することで、泌尿器分野にも強い臨床検査技師として確立した地位につけますし、転職でも自分の希望を通しやすくなります。


[主催]

日本泌尿器科学会

[試験]

試験日:筆記・実技試験なし
試験内容:書類

[費用]

申請料:5,000円

[合格までの流れ]

①排尿機能検査(尿流測定、残尿量測定、パッドテスト、膀胱内圧測定、尿漏出圧測定など)の経験を50例以上積む
②排尿機能検査士講習会に1回以上参加する
③各書類を用意する
④申し込む(期間:例年12月初~2月末)
⑤審査結果通知

[申請資格]

●排尿機能検査に関する活動実績のある(検査実績50例以上)
●日本泌尿器科学会専門医の推薦がある
●日本泌尿器科学会が開催する講習会(排尿機能検査士講習会)に1回以上参加実績がある

[詳細ページ]

排尿機能検査士制度
日本泌尿器科学会 (The Japanese Urological Association)
【医療関係者のみなさま】





認定化学・免疫化学制度保証管理検査技師

医学

2014年から実施されている日臨技では比較的新しい資格です。臨床検査技師が取得すべき認定資格には生理機能分野、細菌分野、血液分野がありますが、従来から生化学・免疫分野では認定制度を設ける動きや目指す技師が少なかったようです。それはルーチン業務としての色が濃く、あまり極めていこうという技師が少なかったからと考えられています。

しかし「臨床検査技師の将来」で詳しく解説していますが、臨床検査技師の在り方が変わってきている昨今で、将来安泰といわれているのが細胞診検査と超音波検査と検査機器管理に特化した検査技師です。

この資格では生化学・免疫学の知識よりも精度管理に重きを置いています。従って将来性(仕事がなくなること)を考えると認定化学・免疫化学制度保証管理検査技師取得は最優先で行っていくべきでしょう。


[主催]

日本臨床衛生検査技師会

[試験]

試験日:12月
試験内容:筆記

[費用]

受験料:20,000円
登録料:5,000円

[合格までの流れ]

①日本臨床衛生検査技師会および日本臨床化学会に入会する
②臨床化学・免疫化学検査業務に通算5年以上従事する
③学術活動を審査基準の50単位を取得する
④日臨技生涯教育研修制度を修了する
⑤日臨技もしくは臨床化学会主催の認定指定講習会を受講する
⑥各書類を用意する
⑦申し込む(期間:10月初~11月下旬)
⑧試験
⑨合格発表
⑩登録手続き
⑪証書が届く

[受験資格]

●日本臨床衛生検査技師会の会員である
●日本臨床化学会の会員である
●日臨技生涯教育研修制度を修了している
●臨床化学・免疫化学の実務経験が通算5年以上ある
●日臨技もしくは臨床化学会主催の認定指定講習会を受講している
●受験資格に必要な50 単位を取得している

[詳細ページ]

認定臨床化学・免疫化学精度保証管理検査技師制度
一般社団法人 日本臨床衛生検査技師会 (jamt.or.jp)





毒劇物取扱者

臨床検査では各種薬品を扱う機会が多いです。機器の洗浄や標本の固定などに毒物・劇物指定された薬品を使用することもあります。自分の身の安全のために、これら毒劇物の知識は必須です。

学生時代に取得する方も多いですが、まだ取得されていない方は難易度も高くないので取得を目指しましょう。

また申請手続きをすることで、上位の毒劇物取扱責任者になることができます。責任者になることで「毒物又は劇物の製造業、輸入業及び販売業において、毒物や劇物の貯蔵設備の管理や事故時の措置等」を担当することができますが、臨床検査技師は必要になる場面はないので、知識を取得するという意味では「毒劇物取扱者」だけでも問題ありません。


[主催]

各都道府県(保健局や消防局など)

[種類]

一般、農業用品目、特定品目
(臨床検査技師は一般の取得でOK)

[試験]

試験日:各都道府県による(年1~2回)
試験内容:筆記

[費用]

各都道府県によるが、総額約10,000円

[合格までの流れ]

①各書類を用意する
②申し込む
③試験
④合格発表
⑤通知が届く

[受験資格]

なし

[詳細ページ]

各都道府県の案内を確認ください。
検索例:東京都 毒劇物取扱者





危険物取扱者

危険物取扱者を必要とする業種としては化学工場、ガソリンスタンド、石油貯蔵タンク、タンクローリー等の施設が挙げられます。臨床検査技師としては一見関係のないように思えますがそうではありません。

危険物に該当する薬品には、各種アルコール類、酸化性固体(過酸化水素など)、自然発火性物質(バリウム、リン化物など)があり、臨床検査で用いる試薬等に含まれているものが多いです。


そういった点から毒劇物取扱者と同様に安全管理の視点から、危険物の知識を勉強しておかなければなりません。


[主催]

各都道府県(消防局等)

[種類]

・丙種:危険物の基礎
・乙種(1~6):基礎、各論
・甲種:全領域
基本的にどの種類からでも受験できます。
甲種は乙種よりもやや深い知識を問われ、最も難易度が高いです。勉強量も危険物全領域と大変ですので、乙種の各危険物種から段階的に学習していくことをおすすめします。

[試験]

試験日:各都道府県ごとに異なる(年2回)
試験内容:筆記

[費用]

各種5,000円前後

[合格までの流れ]

①各書類を用意する
②申し込む
③試験
④合格通知が届く

[受験資格]

なし

[詳細ページ]

各都道府県の案内を確認ください。
検索例:東京都 危険物取扱者





特定化学物質・四アルキル鉛等作業責任者

主に有機溶剤や鉛といった化学物質の取り扱いに関する資格です。工場での公衆衛生管理に当たる際に最も必要とされる知識ですが、臨床検査においても特殊健康診断(鉛中毒等)や関連検査を行うこともあります。

また基本的なことですが、臨床検査には化学の側面もあります。一見普段の業務には関係のない分野に思えても、論文や研究発表、検査機器(試薬)のトラブルの時にこのような知識が役に立つことがあります。

知識はどんな時に力を発揮できるかなんて分かりません。化学の+αの知識だと思って積極的に取得していきましょう。

[主催]

各都道府県(労働局など)

[試験]

2日間の講習を受講
講習会後修了試験合格で修了証授与

[費用]

受講料:都道府県による(12,000円ほど)
テキスト:2,000~3,000円

[修了証受け取りまで]

①申し込む(先着順、講習日の10日前に終了)
※申し込み方法は各都道府県の案内ページを参照ください
②2日間の講習会
③修了試験
④修了証を受け取る(講習会2日目当日中)

[受験資格]
なし

[詳細ページ]

各都道府県の案内を確認ください
検索例:東京都 特定化学物質・四アルキル鉛等作業責任者





臭気判定士

本来臭気判定士はISO14001など環境マネジメントにおける有害物質の嗅覚測定を行います。工場や事業所での勤務が一般的です。

臨床検査技師が取得する意義としては、基盤となる化学的・生物的知識と相まって機器トラブルなどの異常時や職場環境の改善といった場面で力になってくれる国家資格です。化学物質を嗅ぎ分けられる能力は医療事故を未然に防ぐことができるかもしれません。

※独学では非常に大変ですので、講習会(におい・かおり環境協会主催)に参加することをおすすめします。

[主催]

におい・かおり環境協会

[試験]

試験日:例年年度末または年度初めに公表される(毎年1回)
試験内容:筆記、嗅覚検査(一定のレベルであるか)

[費用]

受験料:18,000円

[合格までの流れ]

①各書類を用意する
②申し込む
③試験
④通知が届く

[受験資格]

●18歳以上

[詳細ページ]

国家資格「臭気判定士」
公益社団法人におい・かおり環境協会 (orea.or.jp)





バイオセーフティ技術講習会

微生物を取り扱う施設に勤務する方向けにバイオハザード対策ができるバイオセーフティのスペシャリストを目指せます。もちろん医療従事者であれば必要な知識ですし、昨今のコロナウイルス流行時によってバイオセーフティの重要性が再認識されました。

講習会も4段階にステージが用意され、段階的に学習していくことができます。


[主催]

バイオメディカルサイエンス研究会

[日程]

基礎コース:6月、12月
主任管理コース:10月
更新研修会:3年に1回
専門コース:随時

[受講までの流れ]

①バイオメディカルサイエンス研究会に入会する
②申し込む
③通知に従い手続きする
④受講
⑤認定証交付

[詳細ページ]

バイオセーフティ技術講習会のご案内
バイオメディカルサイエンス研究会 (npo-bmsa.org)





第二種滅菌技師

滅菌供給業務を行う滅菌技師ですが、それに携わらない検査技師でも滅菌の深い知識を身につけることは大きな武器となります。医療従事者として衛生管理・意識は必須ですが、さらに一歩進んで滅菌分野を深く学ぶことでコンタミネーションによる検査結果の誤判定を徹底的に防ぐことができます。

検査室に1人はこのような滅菌に関する深い知識をもった臨床検査技師が必要だといわれてきています。

上位資格に第一種滅菌技師があり、第二種取得後申請することができます。


[主催]

日本医療機器学会

[日程・費用]

日程:11月~12月(講習会後、筆記試験)
費用:11,500円
テキスト:別途購入

[認定までの流れ]

①ホームページか郵送で申し込む
(期間:各会場の開催日2週間前必着、定員制限あり)
②受講料を振り込む
③講習会受講、筆記試験
④認定手続き(会場で行える)
⑤認定証が届く

[受講資格]

なし

[詳細ページ]

滅菌技士講習会
一般社団法人日本医療機器学会 (jsmi.gr.jp)






まとめ

今回は臨床検査技師が取るべき専門資格、特に検体検査分野について紹介しました。

多くの検査技師が取得を目指している資格を取得するのはもちろんですが、この記事を見ている方はもう一歩踏み出して、今回紹介した資格の取得を目指してほしいと思います。他の技師と差別化され自分の価値が上がることでしょう。


積極的に資格を取得していきましょう

まずはどんな内容を勉強しなければならないのかホームページをぼんやり眺めてみるのもありでしょう。とにかく小さなことでも良いので行動してみることが大切です。いつのまにか資格取得へと気持ちが切り替わっていると思います。


資格は最もかんたんに個人を客観的に評価できるものです。ですから臨床検査技師というだけではなく1社会人としての資格も取得しておかなければなりません。

以下の記事では社会人が取得しておくべき資格を紹介していますので合わせて参考にしてみてください。

また私のブログでは今回のような、臨床検査技師関連の記事やスキルアップに関する記事を更新しています。他にもお悩みがある方はぜひ他記事もご覧になってみてください。
カテゴリーページ:臨床検査技師
カテゴリーページ:スキルアップ



今回もお読みいただきありがとうございました。



ではまた次回に。。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
入力欄はすべて必須項目です。