• ブログ主:こうさん
  • (2014年~)臨床検査技師として医療界で7年ほど従事。
    (2020年~)自分の経験を発信するためブログを始める。
    (好きなもの)ドライブ・ゴルフ・資格取得・アニメ・ゲーム
  • プロフィール詳細へ
  • お問い合わせはコチラ

【転職・昇進に必須】臨床検査技師が取るべき専門資格«生理機能分野»

私は臨床検査技師として7年ほど働いております。


その中で病院、クリニック(健診・ドック)、検査センターと渡り歩いてきました。つまり2回転職しているわけですが、実際には10社ほど内定をもらいました。


転職を成功させるためにそれぞれの職場で数々の資格を取り、自分の武器としています。


さて臨床検査技師として数年~10年ほど働いていると自分をグレードアップしたいとか新しいことにチャレンジしたいという思いが沸いてくることでしょう。

より高収入を得たい、新しい職場に移ってみたい、今とは違う仕事をしたい…そんな次のステップに進むため必ず必要になってくるのが「資格」です。


ステップアップを申請するうえで根拠・強みとなるものです。


今回は臨床検査技師として取得できる専門資格、特に生理機能分野における資格について確認していきましょう。


この記事では以下の内容で進めていきます。

・基本情報(内容、受験資格、日程)
・取得までの流れ、取得意義
・合格対策



私は主に生理機能領域で仕事していましたので、そのあたりの資格を多く取得しました。病院からクリニックに転職するときは良い人材だと判断されたらしくかなりの武器になりました。

しかし2度目の転職では生理機能以外の仕事をしたかったため医療以外の分野も含め幅広く資格を取った結果、選択肢も増え現在は充実した毎日を送っています。


人事部や上司と雑談しているとやはり「資格は強いな」といった話になり心の中で誇らしい気分になっています。


ということで今回は自分の経験や人事部・先輩や上司の話をもとにお伝えしていきたいと思います。

資格紹介

資格を紹介する前に1つだけ大切な心構えをお伝えしたいと思います。

それは実際に資格を申し込むときや勉強している時に「なぜこの資格をとるのか」を明白にしておくということです。


現在担当している仕事に関わる箇所ならモチベーションを保てますが、担当業務と直結しない箇所の勉強はなかなか酷なものです。しかし資格取得後のビジョンが見えていれば、この箇所も重要な知識だと思えるはずです。


では各資格についてみていきましょう。

この記事では以下の項目で紹介していきます。

・内容、取得の強み
・日程、合格までの流れ
・受験資格





超音波検査師

臨床検査技師の将来性」の記事で詳しく解説していますが、臨床検査技師の在り方が変わりつつある昨今で将来安泰だと言われているのが超音波検査士と細胞検査師です。

また求人面では必須スキルに超音波検査や採血経験を求める医療機関がほとんどです。そういったことからも自分が勤めている医療機関で超音波検査を行っているのであれば積極的に参入すべきです。


[主催]

日本超音波医学会、日本超音波検査学会

[種類]

腹部、乳腺、健診など各領域

[試験]

試験日:例年11月下旬
試験内容:筆記

[費用]

受験料:約20,000円
認定料:約5,000円

[合格までの流れ]

①主催機関の会員になる(3年以上継続)
②症例を集める(レポート作成)
③各書類を用意する
④申し込む(受験オンライン申請:例年5月中旬~7月上旬、各書類提出:6月上旬~7月末)
⑤書類(症例レポート)審査
⑥試験
⑦合格発表
⑧合格手続き
⑨証書が届く

[受験資格]

●3年以上継続して,日本超音波医学会の正会員もしくは準会員、または日本超音波検査学会の正会員である
●日本超音波医学会認定超音波専門医・指導検査士の推薦が得られる

[詳細ページ]

認定資格/超音波検査士制度委員会
公益社団法人日本超音波医学会 (jsum.or.jp)




認定心電検査技師

検査技師であれば、だれもが携わることになる心電図検査の認定資格です。心電図検査は少し覚えれば誰でもできますが、判読や結果のイレギュラー対処では深い専門的知識が必要になります。そこで客観的に評価してもらえるのが資格の取得というわけです。

認定心電検査師は各種心電図検査(安静、負荷、モニターなど)の原理~判読までの広い知識や技術を証明できます。ただ心電図検査を行ったことがあるというだけでは、せっかくの経験(強み)が弱くなるので、この資格を取得することで普段のルーチン業務にも妥協せず知識を深めている検査技師だと認められるでしょう。


[主催]

日本臨床衛生検査技師会

[試験]

試験日:例年12月中旬
試験内容:筆記、実技

[費用]

受験料:20,000円
登録料:5,000円

[合格までの流れ]

①日本臨床衛生検査技師会に入会する
②心電図業務に3年間従事する
③日臨技生涯教育研修制度を修了する
④各書類を用意する
⑤申し込む(期間:例年9月~10月)
⑥試験
⑦合格発表
⑧登録手続き
⑨証書が届く

[受験資格]

●日本臨床衛生検査技師会の会員である
●日臨技生涯教育研修制度を修了する
●心電図業務に3年以上従事する

[詳細ページ]

認定心電検査技師
一般社団法人 日本臨床衛生検査技師会 (jamt.or.jp)





心電図検定

この資格の良いところは、だれでも受けることができることととレベルが4段階に分かれていて一回の試験当たりの勉強量が少なくて済むということです。生理機能担当者でなければ、自分の担当する分野と両立しやすいので心電図検定から取得し心電図への理解を深めていくと良いです。

またここでは紹介しませんが、心電図検定の主催機関である「日本不整脈学会」では他にも心電図関連の資格を取得できます。特にJHRS認定心電図専門士は範囲が広く深い知識が必要であるので、最終的にはこの資格を目指してみるのも良いでしょう。


[主催]

日本不整脈学会

[種類]

マイスター(1級合格者のうち高得点者)、1級、2級、3級、4級
※どのクラスからも受験できる

[試験]

試験日:例年1月上旬
試験内容:筆記

[費用]

受験料(1級、2級、3級・4級):10,000円、8,000円、6,000円

[合格までの流れ]

①各書類を用意する
②申し込む(期間:10月上旬~下旬)
③試験
④合格発表
⑤証書が届く

[受験資格]

なし

[詳細ページ]

心電図検定–日本不整脈心電学会 (jhrs.or.jp)





心臓リハビリテーション指導士

主に心臓リハビリテーションにおける指導を行うスタッフが取得する資格であります。しかし昨今の心臓リハビリテーション分野では医療の発展により二次予防の側面が強くなってきています。つまりチーム医療が重要視されてきています。

従って心リハスタッフだけでなく医療従事者全体が、理解を深めなければなりません。そこでこの資格が生きてくるわけです。


心臓リハビリテーション指導士は、研修を終えれば実務経験がなくとも資格試験を受けることができます。ですから自分の勤めている医療機関に循環器科があるのであれば、積極的に取得を目指しましょう。


[主催]

日本心臓リハビリテーション学会

[試験]

試験日:例年8月下旬
試験内容:筆記

[費用]

受講料(試験前の講習会):6,000円(第一部)、4,000円(第二部)
受験料:15,000円

[合格までの流れ]

①日本リハビリテーション学会会員になり2年以上継続する
②心臓リハビリテーション指導業務に1年以上従事する
(または研修を行う)
③自験例報告書作成(10症例)
④各書類を用意する
⑤申し込む(期間:4月上旬~下旬)
⑥書類審査
⑦試験
⑧合格発表
⑨証書が届く

[受験資格]

●日本心臓リハビリテーション学会会員を申込時までに2年以上継続する
●心臓リハビリテーション指導の実地経験が 1 年以上ある、または心臓リハビリテーション研修制度により受験資格認定証の交付を受けている

[詳細ページ]

心臓リハビリテーション指導士試験について
JACR日本心臓リハビリテーション学会





血管診療技師

その名の通り脈管検査の資格になります。生理機能検査に従事していない方でも動脈硬化検査や酸素分圧等脈管疾患に関わる検査に携わっていると思います。一部でもかかわっているのであれば、他の検査のことや脈管疾患の知識は必要です。

自分の携わっている検査を全く勉強しないという検査技師はいないと思います。せっかく勉強するのであればしっかりと勉強して資格という形として残しておきましょう。

[主催]

血管診療技師認定機構

[試験]

試験日:2月下旬
試験内容:筆記

[費用]

講習会受講料(必須):10,000円
受験料:10,000円
認定料:10,000円

[合格までの流れ]

①臨床検査技師として3年以上従事する
②血管疾患診療に携わる(症例レポート提出あり)
③認定講習会を受講する
④100症例集める(症例リスト作成・症例証明コピー提出)
⑤症例レポート作成(④の中から5症例)
⑥各書類を用意する
⑦申し込む(期間:例年4月中旬~6月中旬)
⑧試験
⑨合格発表
⑩認定手続き
⑪証書が届く

[受験資格]

●臨床検査技師として3年以上の実務経験がある
●血管疾患を専門とする医師のもとで十分な血管疾患診療の経験がある
●認定講習会を受講したこと(座学および実技)

[詳細ページ]

【CVT認定機構ホームページ】 (umin.ac.jp)





平衡機能技術講習

平衡機能検査業務に従事していると、関連する参考書や講習会の少なさに悩むことがあると思います。この技術講習をすることでそんな悩みを解決できます。平衡機能の基礎知識からめまいを中心とした各疾患、各検査方法を網羅できます。専用テキストも用意されており、実習カリキュラムも組まれています。

講習修了後にはあなたの悩みも解決されるはずです。また修了証も授与されるので、受講経歴を形として残すことができます。

[主催]

日本めまい平衡医学会

[日程・内容]

日程:例年7月(4~5日間)
内容:座学、実習、修了試験

[費用]

約5万円(実習費、テキスト代等)

[申し込み]

所定の項目を明記し担当者へE-mailする。
※先着順で定員制限あり
締め切り:4~5月(3月中に確認ください)

[受講対象]

臨床検査技師、看護師、言語聴覚士、理学・作業療法士の資格を有し、所属施設長の推薦を受けた者

[詳細ページ]

日本めまい平衡医学会 (memai.jp)





聴力測定技術講習

検査技師の方の中にはスクリーニングや健康診断の一端で選別著力検査を行っていたり、専門的に鈍音聴力検査を行っていると思います。私も経験がありますが、耳鼻科領域の専門的な技術や知識って中々学習しにくいと感じませんか。参考書もあるにはありますが、耳鼻科領域はほぼ一からの勉強となり、とても疲れてしまい行き詰ってしまうこともあるかもしれません。

そこでおすすめしたいのが聴力測定技術講習です。約2~3日かけて行うのですが、専門医の講義から始まり実習や現場見学もあるので聴力検査分野の基礎をしっかり固めることができます。

この先参考書での勉強や他講習会に参加するときも、基礎知識・技術があるのでスムーズにより専門的な知識・技術を吸収できるようになります。

※最後に修了証書をもらえます。

[主催]

日本聴覚医学会

[種類]

一般、中級

[日程・内容]

日程:2月上旬
期間:一般…5日間、中級…2日間
内容:座学、実習、現場見学、修了試験

[費用]

一般:55,000円(実習費、テキスト代等)
中級:25,000円(テキスト代等)

[申し込み]

所定の申込用紙を郵送
※定員制限あり
締め切り:9月初~10月末

[受講対象]

(一般)
●医科医療機関で業務に従事している。または従事予定である。
●日本聴覚医学会会員の推薦が必要
(中級)
●聴力測定技術講習会[一般]受講済みである
●日本聴覚医学会会員の推薦が必要

[詳細ページ]

講習会 | 日本聴覚医学会 (audiology-japan.jp)






まとめ

今回は臨床検査技師が取るべき専門資格の生理機能分野について紹介しました。

生理機能分野での資格は超音波検査士が広く知られています。しかし実際の仕事は超音波だけではないはずです。今やっている仕事を目に見える形(資格)として残すことは自分のためでもあり、他人からの評価を得やすくなります。他の技師と差別化され自分の価値が上がることでしょう。


積極的に資格を取得していきましょう。

まずはどんな内容を勉強しなければならないのかホームページをぼんやり眺めてみるのもありでしょう。とにかく小さなことでも良いので行動してみることが大切です。いつのまにか資格取得へと気持ちが切り替わっていると思います。


資格は最もかんたんに個人を客観的に評価できるものです。ですから臨床検査技師というだけではなく1社会人としての資格も取得しておかなければなりません。

以下の記事では社会人が取得しておくべき資格を紹介していますので合わせて参考にしてみてください。

また私のブログでは今回のような、臨床検査技師関連の記事やスキルアップに関する記事を更新しています。他にもお悩みがある方はぜひ他記事もご覧になってみてください。
カテゴリーページ:臨床検査技師
カテゴリーページ:スキルアップ



今回もお読みいただきありがとうございました。




ではまた次回に。。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
入力欄はすべて必須項目です。