• ブログ主:こうさん
  • (2014年~)臨床検査技師として医療界で7年ほど従事。
    (2020年~)自分の経験を発信するためブログを始める。
    (好きなもの)ドライブ・ゴルフ・資格取得・アニメ・ゲーム
  • プロフィール詳細へ
  • お問い合わせはコチラ

【転職・昇進に必須】臨床検査技師が取るべき専門資格«医療情報管理分野»

私は臨床検査技師として7年ほど働いております。


その中で病院、クリニック(健診・ドック)、検査センターと渡り歩いてきました。つまり2回転職しているわけですが、実際には10社ほど内定をもらいました。


転職を成功させるためにそれぞれの職場で数々の資格を取り、自分の武器としています。


さて臨床検査技師として数年~10年ほど働いていると自分をグレードアップしたいとか新しいことにチャレンジしたいという思いが沸いてくることでしょう。

より高収入を得たい、新しい職場に移ってみたい、今とは違う仕事をしたい…そんな次のステップに進むため必ず必要になってくるのが「資格」です。


ステップアップを申請するうえで根拠・強みとなるものです。


今回は臨床検査技師として取得できる専門資格、特に医療情報管理分野における資格について確認していきましょう。


この記事では以下の内容で進めていきます。

・基本情報(内容、受験資格、日程)
・取得までの流れ、取得意義
・合格対策



私は主に生理機能領域で仕事していましたので、そのあたりの資格を多く取得しました。病院からクリニックに転職するときは良い人材だと判断されたらしくかなりの武器になりました。

しかし2度目の転職では生理機能以外の仕事をしたかったため医療以外の分野も含め幅広く資格を取った結果、選択肢も増え現在は充実した毎日を送っています。


人事部や上司と雑談しているとやはり「資格は強いな」といった話になり心の中で誇らしい気分になっています。


ということで今回は自分の経験や人事部・先輩や上司の話をもとにお伝えしていきたいと思います。

資格紹介

資格を紹介する前に1つだけ大切な心構えをお伝えしたいと思います。

それは実際に資格を申し込むときや勉強している時に「なぜこの資格をとるのか」を明白にしておくということです。


現在担当している仕事に関わる箇所ならモチベーションを保てますが、担当業務と直結しない箇所の勉強はなかなか酷なものです。しかし資格取得後のビジョンが見えていれば、この箇所も重要な知識だと思えるはずです。


では各資格についてみていきましょう。

この記事では以下の項目で紹介していきます。

・内容、取得の強み
・日程、合格までの流れ
・受験資格





医療情報技師

近未来

医療機関内のあらゆる情報がデジタル化してきている現在で、医学的知識と情報処理技術(IT)の知識を併せ持ち発揮できるスタッフは非常に少ないです。そのため医療システムにおいて数々の問題が浮上してきています。

例えば医療機関内でシステムトラブル解消スピードが遅く、最悪メーカーなど外部のスタッフの対応を待たなければならない、医療情報システムの導入や継続的使用において医療情報システムを提供する企業側に明確な問題を提示できていないことが挙げられます。


あなたの勤務先でもシステムトラブルや新システム導入がごたごたし中々解決しないといったことがあるのではないでしょうか


そもそも情報のデジタル化に伴い情報管理課など医療システムに特化した組織を作らなければならないのですが、なかなか進んでいないのが現状です。


臨床検査技師など現場の医療スタッフが医療情報の知識や技術を身に付けることは非常に強みになります。外部の企業や情報管理にだけ特化したスタッフとでは医療現場と大きな乖離ができてしまいます。

知識や技術は大切ですが、それ以上に現場の運用を分かっているスタッフがシステムとの仲介を担えることで、システムの導入や問題解決を素早く進めることができます。

それはすべての医療スタッフのストレス緩和やあなたへの信頼、患者への大きな貢献につながります。


医療情報技師として従事することはなくとも、検査室で働くあなたが同等の知識・技術を持つことだけでも医療機関に大きく貢献できます。身近な部分でシステムトラブルが起きたり、外部の企業と話し合うこともあると思います。そんな場面で人任せにせず、検査室で対処できることはメリットしかありませんよね。

医療情報管理領域の知識・技術があればトラブルが起きても電子カルテの運用や検査結果の報告なども臨機応変に対処できるはずです。


[主催]

日本医療情報学会 医療情報技師育成学会

[種類]

◎下位資格:医療情報基礎知識検定
→ITと医療システムの大枠を理解
◎医療情報技師
→「情報処理技術」「全医療分野の基本的知識」「医療情報システム」の習得
◎上位資格:上級医療情報技師

[試験]

試験日:8月(基礎:11月)
試験内容:筆記

[費用]

受験料15,000円(基礎:5,000円)

[合格までの流れ]

①WEB申込(期間:5月中旬~6月末)
※基礎:9月初~10月上旬
②受験料を振りこむ(期間:7月初まで)
※基礎:10月上旬まで
③試験
④合格発表
⑤証書が届く

[受験資格]

なし

[詳細ページ]

医療情報技師育成部会 (jami.jp)





診療報酬管理士

診療報酬について詳しく勉強したことはありますでしょうか。ほとんどの検査技師は自分の関わる部分でしか知らないことが多いです。


患者に検査を進める時や逆に医療費を聞かれた時に「詳しくは受付に聞いてください」と丸投げしてしまうことはないですか?

金銭的に余裕がない方が多いですので、検査が追加されると医療負担額がどのくらいか気になってしまいます。検査担当者でもある程度答えることができれば患者からは「良いスタッフだな」と評価され、結果的に病院の評価にもつながります。

いろいろなサイトで口コミを見ると検査担当者が冷たいと書かれているのを良く見ます。とても残念ですよね。


また医師や他医療スタッフと検査の意見交換する際も診療報酬をベースに話し合われることが多いです。この資格を取得し、適切な知識を持つことで周りと差がつけられるでしょう。


[主催]

日本病院会

[試験]

試験日:2月
試験内容:筆記

[費用]

受験料:10,000円
認定料:30,000円

[合格までの流れ]

①通信教育に申し込む
②通信教育を修了する(2年分)
※修了後試験申請用紙が届く
③受験料を振り込む
④各書類を用意する
⑤試験に申し込む(期間:10月末まで)
⑥試験
⑦合格発表
⑧認定手続き
⑨証書が届く

[受験資格]

●日本病院会 診療情報管理士通信教育を修了する
●日本病院会指定大学および指定専門学校で指定単位を修得し、卒
業する(卒業見込み含む)


[通信教育について]

診療報酬管理士の資格試験受験に必須です。
(修業期間)
基礎課程1年、専門課程1年で計2年間
受講期間は通算6年
臨床検査技師免許保有者は専門課程へ編入(基礎課程を免除)可能

(受講料)

220,000円
※入校時に基礎課程分110,000円、2年目に専門課程分110,000円納入する

(受講資格)

●原則として2年制以上の短期大学または専門学校卒以上の学歴を有する者。 ただし現在病院に勤務している者は、当分の間高卒者でもよい。
●[専門課程への編入]
医師、歯科医師、看護師※(保健師、助産師)、薬剤師、診療放射線技師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、視能訓練士、言語聴覚士、歯科衛生士、歯科技工士、臨床工学技士、義肢装具士、救急救命士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師
※准看護師をのぞく

(申込)

前期:4月申込開始、7月開講
後期:10月申込開始、1月開講

(資格取得後の通信教育付加コース)

◎DPCコース:実践的なカリキュラム
費用…30,000円(教科書代等含む)
◎腫瘍学分類コース:がん診療に特化したカリキュラム
費用…50,000円(教科書代等含む)


[詳細ページ]

日本病院会 診療情報管理士通信教育 (jha-e.jp)
(資格試験の詳細は試験実施要項を下記から確認ください)
お知らせ-日本病院会 診療情報管理士通信教育 (jha-e.jp)






まとめ

今回は臨床検査技師が取るべき専門資格、特に健康サポート分野について紹介しました。

臨床検査技師は何も医学だけ勉強していればいいわけではありません。

医療従事者として医療の仕組みを知ることは非常に重要です。あなたのルーチン業務を今よりも効率的で簡略化できること、患者や他医療スタッフに適切な情報を提供できることにつながります。


医療情報を発信すること(患者説明や医者への結果報告など)には今回紹介した医療情報管理分野が土台となっていることに気づいていない方が多いです。

ただ医学的根拠にだけ基づいて提案するのではなく、時には診療報酬や医療システムの視点を根拠に発信できれば他の技師と差別化され自分の価値が上がることでしょう。


積極的に資格を取得していきましょう

まずはどんな内容を勉強しなければならないのかホームページをぼんやり眺めてみるのもありでしょう。とにかく小さなことでも良いので行動してみることが大切です。いつのまにか資格取得へと気持ちが切り替わっていると思います。


資格は最もかんたんに個人を客観的に評価できるものです。ですから臨床検査技師というだけではなく1社会人としての資格も取得しておかなければなりません。


以下の記事では社会人が取得しておくべき資格を紹介していますので合わせて参考にしてみてください。

また私のブログでは今回のような、臨床検査技師関連の記事やスキルアップに関する記事を更新しています。他にもお悩みがある方はぜひ他記事もご覧になってみてください。
カテゴリーページ:臨床検査技師
カテゴリーページ:スキルアップ




今回もお読みいただきありがとうございました。




ではまた次回に。。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
入力欄はすべて必須項目です。