• ブログ主:こうさん
  • (2014年~)臨床検査技師として医療界で7年ほど従事。
    (2020年~)自分の経験を発信するためブログを始める。
    (好きなもの)ドライブ・ゴルフ・資格取得・アニメ・ゲーム
  • プロフィール詳細へ
  • お問い合わせはコチラ

【転職・昇進に必須】臨床検査技師が取るべき専門資格«工学・放射線分野»

私は臨床検査技師として7年ほど働いております。


その中で病院、クリニック(健診・ドック)、検査センターと渡り歩いてきました。つまり2回転職しているわけですが、実際には10社ほど内定をもらいました。


転職を成功させるためにそれぞれの職場で数々の資格を取り、自分の武器としています。


さて臨床検査技師として数年~10年ほど働いていると自分をグレードアップしたいとか新しいことにチャレンジしたいという思いが沸いてくることでしょう。

より高収入を得たい、新しい職場に移ってみたい、今とは違う仕事をしたい…そんな次のステップに進むため必ず必要になってくるのが「資格」です。


ステップアップを申請するうえで根拠・強みとなるものです。


今回は臨床検査技師として取得できる専門資格、特に工学・放射線分野における資格について確認していきましょう。


この記事では以下の内容で進めていきます。

・基本情報(内容、受験資格、日程)
・取得までの流れ、取得意義
・合格対策



私は主に生理機能領域で仕事していましたので、そのあたりの資格を多く取得しました。病院からクリニックに転職するときは良い人材だと判断されたらしくかなりの武器になりました。

しかし2度目の転職では生理機能以外の仕事をしたかったため医療以外の分野も含め幅広く資格を取った結果、選択肢も増え現在は充実した毎日を送っています。


人事部や上司と雑談しているとやはり「資格は強いな」といった話になり心の中で誇らしい気分になっています。


ということで今回は自分の経験や人事部・先輩や上司の話をもとにお伝えしていきたいと思います。

資格紹介

資格を紹介する前に1つだけ大切な心構えをお伝えしたいと思います。

それは実際に資格を申し込むときや勉強している時に「なぜこの資格をとるのか」を明白にしておくということです。


現在担当している仕事に関わる箇所ならモチベーションを保てますが、担当業務と直結しない箇所の勉強はなかなか酷なものです。しかし資格取得後のビジョンが見えていれば、この箇所も重要な知識だと思えるはずです。


では各資格についてみていきましょう。

この記事では以下の項目で紹介していきます。

・内容、取得の強み
・日程、合格までの流れ
・受験資格





ME技術実力検定

臨床検査技師の将来性」の記事にて詳しく解説しましたが、臨床検査技師の在り方が変わってきている昨今で、将来が安泰であると言われているポジションには細胞診検査と超音波検査、各種検査機器に強い臨床検査技師です。

ME技術は臨床工学技士が取るべき資格と思われがちですが、臨床検査技師も取得すべき資格です。なぜならME技術実力検定は「医療の現場(在宅を含む)で使用されている機器・システムを安全に正しく運用するため知識・技術を証明する資格」であり、今後需要が高まる「検査機器に強い臨床検査技師」を目指すうえで必須であるからです。

ME技術実力検定の範囲として検査技師が用いる自動測定機はなく、どちらかというとベッドサイドでの検査機器(心電計、生体情報モニタ、人工呼吸器)や画像検査装置になります。

検体検査担当の臨床検査技師も患者と直接接して業務に当たることが多くなってきています。臨床検査技師であれば担当業務に関わらず取得すべき資格(知識)です。

※臨床検査技師育成機関(大学、専門学校、その他養成所)では、ここ数年WライセンスとしてME技術実力検定取得に力を入れているようです。


[主催]

日本生体医工学会 ME技術教育委員会

[試験]

試験日:例年9月上旬
試験内容:筆記(選択方式)、小論文
※2020年度の検定試験は中止になりました。
今後の試験実施情報は随時ホームページで確認ください。

[費用]

受験料:12,000円

[合格までの流れ]

①委員会事務局に資料請求(申込書含む)する
②各書類を用意する
③申し込む(期間:例年7月中旬まで)
④試験
⑤合格発表
⑥証書が届く

[受験資格]

なし
※2種合格後、上位資格の一種さらにその先に臨床ME専門士があります。

[詳細ページ]

第2種ME技術実力検定試験
公益社団法人日本生体医工学会
ME技術教育委員会 (megijutu.jp)





MR専門技術者

MRIは臨床検査技師でも担当できる検査ですが、解剖の知識の豊富さなどから放射線技師が担当していることが多いです。そこで臨床検査技師がMRIを深く勉強することの意義についてですが、MRI担当者や医師との信頼を強め連携しやすくする、検査結果の判断材料を増やし総合的に判断できるようになる(特に画像検査担当技師)という2点があります。

カルテでもMR画像を見る機会は多いと思います。一度しっかりと学ぶべきでしょう。また本資格の受験資格には制度管理評価や安全管理マニュアルの提出があり、実際にMRI実務に従事していないと厳しい項目があります。

MRIをしっかり勉強しようと思ったこの機会にMRI業務への異動(研修)を検討してMR専門技術者の取得を目指してみてはいかがでしょうか。

[主催]

日本磁気共鳴専門技術者認定機構

[試験]

試験日:例年3月上旬ころ
試験内容:筆記

[費用]

初回書類審査料:3,000円
受験料:7,000円(受験後に支払い)
認定料:10,000円

[合格までの流れ]

①申込時までに認定機構構成7団体(後述)のいずれかに2年以上在籍する
②MR装置の操作経験を積む(年数不問)
③JSRT主催の学術大会でる学術研究発表を3回以上行う
※または学術誌への論文を1編以上掲載される
④認定機構指定の制度管理評価を行い、報告書を作成する
⑤各書類を用意する
⑥ホームページから申し込む(期間:例年11月中旬~12月中旬)
⑦書類審査結果通知(1月下旬)
⑧試験
⑨受験料支払
⑩合格発表
⑪証書が届く

[受験資格]

●申込時に以下構成7団体のいずれかに2年以上在籍する
(構成団体)
日本磁気共鳴医学会
日本医学放射線学会
放射線科専門医会・医会
日本放射線技術学会
日本放射線技師会(JART)
日本臨床衛生検査技師会
日本医用画像システム工業会
●MR装置操作経験あり(年数不問)
●MRIに関する学術研究発表を3回以上、もしくは学術誌への論文1編以上を有する。
※JSRTの地方支部またはJARTの地域学術大会以上の学術大会のみ有効
※JART会員は免除条件あり
●機構が提示した装置の精度管理に関する性能評価ならびに指定の科目の測定結果を提出する。
●被検者ならびにスタッフのための施設が備えている安全管理マニュアルを提出する(ない場合は作成して提出)
●試験当日に開催する安全管理講習会に参加する

[詳細ページ]

認定試験要項
日本磁気共鳴専門技術者認定機構(JMRTS) (umin.ac.jp)






まとめ

今回は臨床検査技師が取るべき専門資格、特に工学・放射線分野について紹介しました。

多くの臨床検査技師は後回しにしがちな領域です。しかし深い知識を習得すれば日常の業務の力となり臨床検査の知識の理解度が上がり仕事の成果やクオリティも格段に向上します。他の技師と差別化され自分の価値が上がることでしょう。


積極的に資格を取得していきましょう

まずはどんな内容を勉強しなければならないのかホームページをぼんやり眺めてみるのもありでしょう。とにかく小さなことでも良いので行動してみることが大切です。いつのまにか資格取得へと気持ちが切り替わっていると思います。


資格は最もかんたんに個人を客観的に評価できるものです。ですから臨床検査技師というだけではなく1社会人としての資格も取得しておかなければなりません。

以下の記事では社会人が取得しておくべき資格を紹介していますので合わせて参考にしてみてください。



また私のブログでは今回のような、臨床検査技師関連の記事やスキルアップに関する記事を更新しています。他にもお悩みがある方はぜひ他記事もご覧になってみてください。
カテゴリーページ:臨床検査技師
カテゴリーページ:スキルアップ



今回もお読みいただきありがとうございました。



ではまた次回に。。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
入力欄はすべて必須項目です。