• ブログ主:こうさん
  • (2014年~)臨床検査技師として医療界で7年ほど従事。
    (2020年~)自分の経験を発信するためブログを始める。
    (好きなもの)ドライブ・ゴルフ・資格取得・アニメ・ゲーム
  • プロフィール詳細へ
  • お問い合わせはコチラ

超音波式アロマディフューザー10選『選ぶポイントをしっかり押さえよう!』

アロマを楽しみたいけどあまりコストをかけたくない方やデザインにこだわりたい方におすすめなのが「超音波式」のアロマディフューザーです。





実際に買うとなると種類がとても多く、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。






今回はそんな悩みを解決すべく超音波式アロマディフューザー選びに重要なポイントを基準におすすめディフューザーを10種類紹介していこうと思います。







私自身睡眠の質が悪く、改善するための1つの方法としてアロマを勉強しました。





今ではアロマの効果もあり改善しました。




その中で一番大変だったのがディフューザー選びです。





超音波式アロマディフューザーは価格も安く手に入れやすいですが、品質のばらつきが大きくしっかり選ばないと無駄な買い物になってしまいます。






ということで私が実際に購入してよかったもの、おすすめできるものを紹介していきます。





押さえるべきポイント

超音波式アロマディフューザーを失敗せずに購入するにあたって、押さえるべきポイントは以下の通りです。


 ・適用範囲

 ・持続時間

 ・蒸気噴霧量調節可能か

 ・付属機能

これらポンイントを簡単に解説します。




[適用範囲]
ディフューザーの置き場所によって変わってきます。




ベッドサイドや車内であれば特に気にしなくてもいいです。






しかし部屋全体に香りを広げたい場合やディフューザーを置ける場所が限られてしまい自分との距離が遠くなってしまう場合は適用範囲を考慮しなければなりません。






[持続時間]
どのディフューザーも基本的には3時間は連続運転します。





しかし睡眠中などにディフューザーを運転させたい場合は長時間の運転が必要になります。





自分の使用する場面によって考慮する必要があります。






[蒸気噴霧量調節機能]
超音波式アロマディフューザーは蒸気を出すことで香りを届けます。




そして超音波式アロマディフューザーの多くは加湿機の側面を持っています。






価格が安く蒸気の調節ができないものの中には、噴霧量が異常に多くディフューザー周囲に蒸気が落ちてカビが発生しやすくなるのです。





この機能は多段階で調節できるほど使い勝手がいいと思います。






[付属機能]
超音波式アロマディフューザーは様々なメーカーが出しており、その差別化として付属機能を充実させています。




主にランプ点灯機能、空焚き防止機能、付属品の充実、ワイヤレス操作があります。






睡眠時に使用する場合、常夜灯としてランプ機能が充実しているディフューザーを選ぶのも1つかと思います。






また超音波式アロマディフューザーの加湿機能は期待しない方がいいです。





原理上、加湿機能とアロマディフューザーは両立できません。



加湿メインで検討しているならば、加湿機は別で購入すべきです。





おすすめディフューザー10選

ではさっそくポイントを踏まえて紹介していきたいと思います。




まずは分かりやすいように表で比較し、その後各ディフューザーについて細かく紹介したいと思います。





比較一覧

名称 Pure Enrichment ZNT萌えにゃんこ   Vacplus    A aromacare    KINGZEA    CkeyiN JS014   Taotronics 
3-in-1
 GX-Diffuser     陶香       ZKHD   

写真

適用範囲 ~12畳 ~6畳 ~3畳 ~3畳 ~2畳 ~10畳  ~15畳  ~36畳 ~11畳 ~36畳
持続時間
(連続運転の場合)
~7時間 ~1時間 ~10時間(弱) ~9時間 ~10時間 ~15時間 ~30時間 ~32時間 ~3時間 ~10時間
噴霧量調節機能 なし なし 2段階 なし なし 2段階 無段階 あり 表記なし なし
空焚き防止機能 なし あり あり あり あり あり あり あり 表記なし 表記なし
ライト 7色 2パターン 7色 1色 7色 7色 1色 7色 1色 7色
タンク容量 100ml 100ml 300ml 300ml 330ml 550ml 2500ml 1000ml 100ml 130ml
電源供給 コンセント コンセント コンセント コンセント USB コンセント コンセント コンセント コンセント コンセント
価格相場 3500円 3000円 2500円 2500円 1500円 2500円 5000円 5500円 10000円 12000円





Pure Enrichmentアロマディフューザー

Pure Enrichment(ピュアエンリッチメント) は空気清浄機や加湿器をメインに販売しているブランドです。


魅力

 ・イオナイザーを搭載し故障しにくい

 ・大きな部屋(~12畳)でも使用可能

 ・柔らかな7色のライト


欠点

 ・コンセントでの接続が必要

 ・噴霧量調節機能がない

タイマー機能がない

[商品情報]
寸法:約10×10×21cm(幅×奥行き×高さ)
重さ:約450g
適用範囲:最大12畳
持続時間:最大7時間
タンク容量:100ml
付属品:ACアダプター、計量カップ
価格:3360円(Amazon)





ZNT アロマディフューザー(萌えニャンコ)

ZNTは主に猫のデザインの卓上間接照明や加湿器などを販売しているブランドです。



魅力

 ・デザインがかわいい

 ・空焚き防止機能つき

 ・ライトが呼吸と同じリズムで点灯するパターンが癒し効果をUPさせる


欠点

 ・連続運転が1時間と少し短い

 ・コンセントでの接続が必要

 ・噴霧量調節機能がない

[商品情報]
寸法:約12×12×15cm(幅×奥行き×高さ)
重さ:約350g
適用範囲:~6畳
持続時間:1時間(連続)/6時間(断続30秒間隔)
タンク容量:100ml
付属品:ACアダプター
価格:2980円(Amazon)





Vacplus アロマディフューザー

Vacplusは生活用品全般を取り扱っているブランドです。


魅力

 ・かなりコンパクト(約10㎝)

 ・空焚き防止機能つき

 ・7色のきれいなライト

 ・噴霧量2段階調節(強、弱)


欠点

 ・香りの広がりは弱い

 ・コンセントでの接続が必要

タイマー機能がない

[商品情報]
寸法:約10×10×15cm(幅×奥行き×高さ)
重さ:約400g
適用範囲:表記なし(使用感覚から2、3畳ほど)
持続時間:最大10時間(弱の場合)
タンク容量:300ml
付属品:ACアダプター
価格:2520円(Amazon)





A aromacare アロマディフューザー

A aromacareは加湿器や除湿器を取り扱っているブランドです。




似た名称のブランドが多くEA AromaCareはアロマ専門のブランドですが、ここで紹介しているA aromacareとは全く別のブランドです。


魅力

 ・スタイリッシュなデザイン

 ・空焚き防止機能つき


欠点

 ・香りの広がりが弱い

 ・タンク容量いっぱいに入れると出が悪くなる

 ・噴霧量調節機能がない

 ・タイマー機能がない

 ・コンセントでの接続が必要

[商品情報]
寸法:10×10×18cm(幅×奥行き×高さ)
重さ:約550g
適用範囲:表記なし(口コミ等から約2、3畳と思われる)
持続時間:9時間
タンク容量:300ml
付属品:ACアダプタ-、計量カップ
価格:2290円(Amazon)






KINGZEA アロマディフューザー

KINGZEAは除湿器、加湿器、扇風機など空調機器を扱っているブランドです。




魅力

 ・スマホサイズでコンパクト

 ・USB給電で各所で使用できる

 ・ミニファンが付属されており、香りを広げられる

 ・7色のきれいなライト

 ・空焚き防止機能つき


欠点

 ・噴霧量調節機能がない

 ・タイマー機能がない

[商品情報]
寸法:約12×12×10(幅×奥行き×高さ)
重さ:220g
適用範囲:~2畳(付属のファン使用でさらに広がる)
持続時間:10時間(連続)/20時間(断続3秒毎)
タンク容量:330ml
付属品:充電用USBケーブル、ミニUSBファン、ミニUSBランプ、綿棒2本
価格:1680(Amazon)





CkeyiN JS014

CkeyiNはヘアアイロンや加湿器などヘアケア商品を取り扱っています。



魅力

 ・リモコンで操作できる

 ・明るさや点灯パターンが変えられる7色のライト

 ・空焚き防止機能つき

 ・噴霧量調節機能つき(大、小)

 ・タイマー機能つき(1、3、6時間後にOFF)


欠点

 ・コンセントでの接続が必要

 ・日本語版説明書が電子版(PDF)

底面が17cm四方で少し場所を取る

[商品情報]
寸法:約17×17×9cm(幅×奥行き×高さ)
重さ:約450g
適用範囲:~10畳
持続時間:15時間(連続)/断続(時間表記なし、30秒毎)
タンク容量:550ml
付属品:ACアダプタ-、リモコン、計量カップ
価格:2399円(Amazon)






Taotronics 3-in-1 アロマディフューザー

Taotronicsは加湿器やライトなどデスク周りの商品、イヤホンや送受信機などの電子機器を取り扱っているブランドです。



魅力

 ・ライトの明暗多段階調節(10~100%)

 ・噴霧量調節機能付き(無段階ダイヤル調節)

 ・空焚き防止機能つき

 ・適用範囲がかなり広い(~15畳)

 ・タンク容量2.5Lと大容量


欠点

 ・タイマー機能がない

 ・コンセントでの接続が必要

 ・奥行き約20cmと少し場所を取る

[商品情報]
寸法:15×22×29cm(幅×奥行き×高さ)
重さ:720g
適用範囲:~15畳
持続時間:12~30時間(連続、60~160ml/h)
タンク容量:2.5L
付属品:ACアダプタ-、掃除用ブラシ
価格:4998円(Amazon)





GX-Diffuser アロマディフューザー

GX-Diffuserは加湿機や脱臭機を主に取り扱っているブランドです。



魅力

 ・スマホ、アレクサと連携し音声制御できる

 ・3脚によって自立が可能

 ・噴霧量調節機能つき

 ・空焚き防止機能つき

 ・7色のライトを切替できる

 ・電気代が安く最大連続使用32時間で一日中使える


欠点

 ・コンセントでの接続が必要

 ・幅30cmと少し場所を取る

[商品情報]
寸法:28×28×33cm(幅×奥行き×高さ:脚付き)
※脚なしでは高さ約10cm
重さ:約1.2㎏
適用範囲:24~36畳
持続時間:32時間
タンク容量:1.0L
付属品:ACアダプタ-、組み立てキット(ドライバー、ねじ、脚3本)
値段:5499円(Amazon)






陶香(touka) アロマディフューザー

陶香はIDEA PORTという企業のブランドで陶器×アロマをコンセプトとしています。




IDEA PORTは素材を生かしたデザイン性の高い生活、インテリア、ファッション雑貨を販売しています。



魅力

 ・陶器製で高級感がある

 ・加湿機能がないため周囲に水滴など溜まりにくい

 ・コンパクトだが重量があるので倒れにくい

 ・ミストが非常に細かく香りが広がりやすい

 ・タイマー機能つき(3、7時間でOFF)


欠点

 ・コンセントでの接続が必要

 ・表面の凹凸のためホワイトカラーだと汚れが目立つ

 ・値段が高い(費用対効果は高い)

[商品情報]
寸法:9×9×18cm(幅×奥行き×高さ)
重さ:500g
適用範囲:6~11畳
持続時間:3時間(連続)/7時間(断続、30秒毎)
容量:100ml
付属品:ACアダプタ-
値段:9914円(Amazon)





 ZKHD アロマディフューザー

 ZKHDは外国のメーカーですが、商品自体は使い勝手が良さそうなので紹介したいと思います。



魅力

 ・Bluetoothでも操作できる

 ・壁に設置できる

 ・加湿機能がないため周囲に水滴など溜まりにくい

 ・細かいミストが均一に広がる

 ・タイマー機能つき(1、3、6時間でOFF)

7色のライトを切替できる

 ・オイルの固化によるつまりが少ない


欠点

 ・コンセントでの接続が必要

 ・噴霧量調節機能がない

 ・値段が高い(費用対効果は高い)

[商品情報]
寸法:12×10×26cm(幅×奥行き×高さ)
重さ:600g
適用範囲:24~36畳
持続時間:約10時間以上(連続、断続、5~300秒毎)
容量:130ml
付属品:ACアダプタ-、130mlオイル瓶、スタンド
値段:10942円(Amazon)






まとめ

今回は私がおすすめする超音波式アロマディフューザーを紹介しました。



もう一度比較したい方はこちらからどうぞ。






選ぶポイントをしっかり押さえて自分のライフスタイルにあったディフューザーをゲットしてほしいと思います。






超音波式アロマディフューザー以外のアロマディフューザーも知りたいという方は以下の記事ですべて解説していますのでご覧ください。






よくAmazonなどのオンラインショップは壊れやすいものばかりだという意見もあります。





しかし押さえるべきポイントをみて判断すれば良い商品に巡り合えます。







私の記事では生活に役立つ様々な商品を紹介していますので、他にも気になることがあれば、カテゴリーから検索してみてください。







今回もお読みいただきありがとうございました。




ではまた次回に。。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
入力欄はすべて必須項目です。