• ブログ主:こうさん
  • (2014年~)臨床検査技師として医療界で7年ほど従事。
    (2020年~)自分の経験を発信するためブログを始める。
    (好きなもの)ドライブ・ゴルフ・資格取得・アニメ・ゲーム
  • プロフィール詳細へ
  • お問い合わせはコチラ

《接遇スキルUP!》あの資格を取れば優秀な人材にランクアップ!

私は臨床検査技師という医療従事者として7年ほど働いておりました。

病院以外でも人間ドックや健康診断の担当であったこともあり、接遇の大切さは常日頃から感じています。


さてサービス業に従事しているあなたには、以下のようなお悩みを抱えているのではないでしょうか?

・お客様対応に苦手意識がある    
・コミュニケーションが苦手で接客に不安がある    
・よくクレームが出て怒られる    
・自分が対応するとお客様に嫌な顔をされる。    
・接遇面を鍛えて、他の社員と差をつけたいが効率の良い勉強法が分からない

このまま悩みを放置していれば、ダメ社員の烙印を押されてしまうでしょう。

たまに、自分は仕事ができない人間だと開き直っている社員を見かけませんか?
そんな社員は、人生の活力を失くし見放され影口を言われているはずです。

自分の悩み(欠点)を改善することをあきらめれば、上のような社員になってしまうでしょうね。


しかしこれらの悩み、ある資格を目指せばすべて解決します!

その資格とは…「サービス接遇検定」です。


接遇に特化した知識を学べ、実践に近い部分を習得できます。



そしてサービス接遇検定を効率よく学べる手段として、ユーキャンの資格講座が非常におすすめです。


ユーキャンの資格講座って本当にいいの?ただ金取るだけなんでしょ?なんて思っていますか?

この記事を読めば、その考え180°変わっているはずです。

なぜ今ユーキャンなのか

まず資格取得するための勉強方法は以下のように何種類かあります。

〇自分でそろえた参考書(テキスト・問題集)のみで勉強する

〇試験対策講習会・セミナーをベースに勉強する
(また、購入した参考書を補助的に使う)

〇会社で実施されている教育訓練で勉強する

〇資格講座を受ける

結論、これらの中で最もコスパが良く、確実な合格に近づけてくれるのがユーキャンの資格講座なのです。



各勉強方法の比較

では各勉強方法の良し悪しを以下の表で比較してみましょう。
(評価は×・△・〇の3段階です)
少々ボリュームがありますのでコチラから次の項目に移動できます。
詳細は青文字クリックで解説部分に飛べます。

  参考書のみ セミナー
講習会
会社等で実施
研修
資格講座
費用(コスパ) ×
疲労しにくい × ×
勉強時間の確保 ×
分かりやすさ ×
疑問点の解決 ×
挫折せず継続できる
合格ラインまでの到達期間

ご覧の通り、資格講座は圧倒的に資格取得に向いています。
過大評価ではありません。

では各勉強法ごとに詳細を解説していきます。




参考書のみで勉強する
本

参考書とは、ビジネス書や資格対策教本、問題集、専門書を指します。

費用:評価[△~〇]

資格の種類にもよりますが、今回紹介しているサービス接遇検定では参考書相場が3,500円~6,000円(税込み)です。


司法書士など難関国家試験をクリアした方なら、どんな参考書で勉強すれば合格できるかを分かっています。その場合必要最低限の参考書で済ませることができ、公式テキストと問題集だけで問題ありません。10,000円ほどで済むでしょう。

しかし民間資格(勉強期間1年以内で取得できる資格)を数回取ったことがあるだけでは、参考書を厳選することはできません。無理に絞ってしまうと知識量を補えず試験に落ちます。ですから最低でも4冊(公式テキスト、入門編、問題集2冊)は購入せねばならず、20,000円~35,000円はかかってくるでしょう。

さらに追加購入したい場合も出てきます。

  

疲労しにくい:評価[×]

参考書のみでの学習は自分との戦いになります。仕事から疲れて帰ってきて、参考書を読み解くのは非常に酷なものです。

また独学では試験範囲のどかが重要か(比重)が分からない、安心できないため買った参考書を一通り理解しなければなりません。

  

勉強時間の確保:評価[△]

当然のことですが、試験までの期間は有限です。
それまでに合格ラインに到達しなければなりません。


いつまでに参考書を読み終えるか、いつまでに問題集をカンペキにさせるか。疲れていて眠くても毎日最低1~2時間は確保しなければなりません。

また仕事の呼び出しや残業、急な予定ができてしまうとスケジュールは崩れ、その分挽回しないとならなくなります。

  

分かりやすさ:評価[△]

参考書で独学するには、ある程度読み解く力が必要になります。

「そんなの入門編で勉強すればいいでしょ」と思うかもしれませんが、その考え間違いです。


入門編は、その分野の全体像を理解する「触り」にはなりますが、主軸として使うには内容が薄すぎて意味を成しません。


合格ラインに到達するには、ある程度ボリュームがある参考書を読み解かなければなりません。イラストが程よく入っている参考書は比較的分かりやすいです

また公式テキストは試験範囲をまんべんなく詳細に学べます。しかし「公式」ですので堅い文章で書かれていることがほとんどです。分かりやすさに欠けるでしょう。

  

疑問点の解決:評価[×]

疑問点はそれを分かっている人に直接聞くことが、最短で解決できる方法です。
「だれかに質問できるかどうか」が重要になります。

参考書で独学していると、分からない部分が出てきたとき、いろいろな参考書を読みあさったりネットで探したりと時間と労力がかかります。

あなたの知り合いに、勉強している資格を取得している方がいれば良いですが…。

   

挫折せず継続できる:評価[△]

参考書での独学で挫折せず継続していくには、モチベーションを維持できる、スケジュール管理ができることが鍵になります。

モチベーション維持とは、どんなに疲れていても眠くてもだるくてもやる気がなくても疑問という壁にぶつかっても、自分を奮い立たせられるかということです。

ここで机に向かうことができなければ、挫折コースに一歩踏み出したといってもいいでしょう。「ひと眠りしてからでいいや」「今日は休憩日にしよう」勉強への「炎」が消えかかっています。


スケジュール管理は、さきほど「勉強時間の確保」でも触れました。確実に合格ラインに到達するには毎日最低1~2時間の勉強時間を確保しなければなりません。

急な予定が入った時にも、柔軟に挽回できるよう無理のないスケジュール調整があなたにできるかということです。

   

合格ラインまでの到達期間:評価[△]

社会人の場合、働きながら勉強することになるかと思います。

3か月~半年で試験日を迎えるのであれば、ストイックさと適切なスケジュール管理が必須です。しかしそう上手く事は運ばないものです。


大抵は、確実な合格ラインに達していない状態で賭けにでるか、試験を身を来ることになります。

参考書だけで独学する場合、勉強期間として半年~1年は見ておいた方がいいです。


お金に余裕があり、何度も再試験できるのであれば別ですが。



  

セミナーや講習会で勉強する
講習会

ここでは、セミナーや講習会と合わせて、参考書で勉強することも含めて解説していきます。

費用:評価[×]

セミナーや講習会は1回あたり約5,000~10,000円かかります。

もちろん1回の参加では、試験の合格ラインに到達することは難しいので、3~4回は参加することになるでしょう。

それに加え、深く勉強するためのテキストや問題集を購入すれば、10,000円ほど追加でかかります。


勉強代だけで、総額50,000万円は見ておかなければなりません。


しかしテキストで勉強するよりも、耳からも勉強でき講師によってはユーモアある話も聞けるため記憶に残りやすい勉強法といえます。

高額な勉強代も価値があると考えられるでしょう。

   

疲労しにくい:評価[×]

オフラインのセミナーや講習会では、会場まで足を運ばなければなりません。

また資料はあるものの、講師の言葉を聞き漏らさぬよう集中し続ける必要があります。1講義、最低でも1時間はありますので、疲労しやすいといえます。


また復習や参考書での学習労力を考えれば、かなり大変なのはイメージできるかと思います。

   

勉強時間の確保:評価[×]

働く社会人のために、平日18~21時の間に行っているセミナーや講習会もあります。土日祝日にも参加すれば、たくさん勉強できるように思えます。

しかし予定は未定です。思わぬトラブルや残業、急用ができ、参加できなくなってしまう可能性もあります。平日では予定の半分も参加できなかったなんてことも良くあります。

せっかくの休日に数時間縛られるのも酷です。


セミナーや講習会で勉強時間をしっかり確保するには、予定通りに仕事を終了させるためにストイックさが必要です。

   

分かりやすさ:評価[×]

資料があるといえど、聞きながら理解することは大変です。また1発で聞き取らなければなりません。

そして講師によっては、難しい言い回しをばかりする場合もあります。これは運に任せるしかありません。

  

疑問点の解決:評価[△]

講義を聞いていて分からない箇所があれば、講義中や修了後に講師へ質問することができます。また自分で勉強していて分からないところも一緒に聞くことができるでしょう。

しかし質問する内容をメモや記憶に残しておかなければなりませんし、聞きに行くこと自体恥ずかしかったりしますよね。

またあまりに質問が多いのも、時間の関係で難しかったりもします。せいぜい3~4個が限界でしょう。

    

挫折せず継続できる:評価[△]

講義中は、参加者の勉強ムードもあって参加してしまえば2~3時間は勉強に集中できます。会場に向かうのも、ちょっとしたお出かけ気分でいいかもしれません。

しかし問題は、試験合格のために復習や補填(ほてん)勉強が継続できるかです。

セミナーや講習会に費やした時間+αで勉強時間を確保しなければなりません。セミナーや講習会に参加して満足するのではなく、そこで学んだ知識を脳に定着させるという姿勢をもつことが大切です。

     

合格ラインまでの到達期間:評価[△]

試験対策講習会では、試験日まで段階的に日程が組まれています。勉強の進行は運営に従って行えば問題ないでしょう。

しかし次の回までに教わった知識をカンペキにしなければなりません。あなたも段階的に自主勉強を進めていく必要があります。


セミナーや講習会への参加と自主勉強が両立できていれば、試験までに確実に合格ラインに到達できるでしょう。



研修で勉強する
ビル街の夜景

あなたの職場で、該当する資格の研修を行っている場合に限ります。

費用:評価[〇]

職場の研修では、会社でその資格や学問の取得・履修を推進しています。

ですから研修が福利厚生に含まれていたり、仕事の一環として扱われ費用が掛からないことが多いです。また受験料も負担してくれる会社もあります。


自主学習するうえで参考書代(約~10,000円)がかかる程度でしょう。

   

疲労しにくい:評価[△]

研修が開催されるのは業務終了後のことが多いです。

ですから睡魔と戦うことになるかもしれません。

また先輩や上司も参加していれば、プレッシャーと講義に集中することで仕事以上に疲れてしまうかもしれません。

   

勉強時間の確保:評価[〇]

仕事の一環として行われるため、勉強時間を確実に確保できます。

しかし自主学習は自分で時間を確保しなければなりません。この点についてはどの勉強方法をとっても必要になります。

   

分かりやすさ:評価[〇]

会社で実施されるということは、普段の業務内容を配慮して研修が行われるということです。

極端な話、担当業務とかけ離れた分野でも、社員にあった言い回しや例え話を交えてくれるので、非常に理解しやすいです。

   

疑問点の解決:評価[△]

セミナーや講習会と同様に、講師に直接聞けるため疑問点をすぐ解決することができます。また参加者が顔見知りであれば、周囲に聞くこともできます。

質問できる環境は整っているといってもいいでしょう。

そして講師が同じ職場に在籍しているのであれば、後から質問することもできます。

   

挫折せず継続できる:評価[△]

研修は仕事の一環ということもあり、継続して参加できるでしょう。

しかし講義中疲れて(もしくは眠くて)集中できず、内容が頭に入ってこないことや自主学習が継続できないといったことから試験に不合格になってしまうこともあり得ます。

ある意味で挫折しやすいともいえるでしょう。

    

合格ラインまでの到達期間:評価[△]

セミナーや講習会と同様に、研修もカリキュラムが段階的に組まれています。講義をしっかり受けて自主学習も行い知識を定着させることができれば、問題なく合格ラインに到達できます。

ですが、講義に集中できていなかったり自主学習をおろそかにしていると、それもかないません。

職場での評価にも関わりますから、研修を受けるのであれば確実な合格を目指しましょう。




資格講座を受ける
スマホで動画を見る

最近では様々な資格取得支援機関があります。サービス接遇検定にユーキャンをおすすめする理由は次の項目で解説します。

費用:評価[〇]

資格講座の相場は2~4万円です。テキスト等の追加購入がありませんので、それ以上費用がかかる心配もありません。

会社での研修に比べると費用がかかりますが、プロが監修しているテキスト、各種サポートがあることを考えればコストパフォーマンスは最も良いです。

   

疲労しにくい:評価[〇]

資格講座は働く社会人のためにカリキュラムが組まれています。


「標準学習期間、最短3か月」とうたっていますが、これは毎日1~2時間欠かさず勉強した場合です。

しかし忙しい社会人を配慮したシステムになっており、申込時などに自分のライフスタイルを伝えることで、無理のないスケジュールを設定してくれます。

また各種サポート期間も半年~1年と余裕をもって設けられているため自分のペースで勉強に取り組むことができます。

  

勉強時間の確保:評価[〇]

基本的に机に向かって勉強していくスタイルになります。

しかし資格講座では、パソコンやスマートフォンで学習できます。

いわゆる「スキマ時間」に勉強ができ、通勤中や休憩時間でも勉強時間を確保することができるのです。

  

分かりやすさ:評価[〇]

資格取得支援機関は講座を受けてもらうことで利益を得ていますよね。そのためには確実に合格できる教材・サポートを用意しなければ評判は下がってしまいます。

ですから、どんな人にも理解でき、合格へつなげる教材やサポートを提供しなければならない使命があります。


テキストは程よいイラストで学習の抵抗を減らしつつ記憶に残りやすくしてくれます。また教材によっては動画での学習もできます。

問題集は解説が詳しく載っており、弱点のフォローアップをしっかり行ってくれます。

   

疑問点の解決:評価[〇]

勉強していて分からない部分は、すぐにメール等で質問することができます。分野のエキスパートが答えてくれるので安心です。

また人に聞くのはなんだか恥ずかしいという場合も、対面ではないため気軽にどんどん質問できます。

  

挫折せず継続できる:評価[〇]

自分のライフスタイルに合った余裕あるスケジュールで勉強できること、プロが監修した無駄のない教材での学習により、負担は少なくラクに続けることができます。

資格講座で挫折したという話は聞いたことがありません。

   

合格ラインまでの到達期間:評価[〇]

「参考書のみで独学する」でも解説しましたが、参考書で確実な合格を目指すには、平均で半年~1年かかります。

しかし資格講座では、同じ勉強時間でも最短3か月での合格が可能です。

なぜなら

・読みやすく理解しやすい教材で勉強がはかどる

・充実した問題集や添削問題、質問サポートにより弱点を素早くつぶせる

・付属の模擬試験で試験を想定した問題が解けられる

これら3つのポイントから合格ラインへ確実に到達できます。

また模擬試験や添削問題で合格が不安な場合でも、それを加味してカリキュラムやサポートが組まれていますので、焦る必要もありません。





サービス接遇検定はユーキャン。その根拠は?

さきほどの項も億で解説した4つの勉強法の中で、資格講座が最も有効であることはお分かりいただけたと思います。

では数ある資格支援サイトの中で、なぜユーキャンをおすすめするか、その根拠を解説します。以下の2点がその理由です。

〇信頼のおける大手だから
〇信頼のおける大手の中で唯一サービス接遇検定を扱っているから




今や資格講座といえば、ユーキャン。と答える方がほとんどです。それだけ認知度があるということですね。テレビやYouTubeのCMでもよく見かけます。

またユーキャンのホームページ(FEEL U-CAN)では約1500万人もの方が利用しているというデータが公開されています。

1500万人とは東京の人口(※1)に匹敵し、20~40歳男女の2人に1人(※2)がユーキャンを利用していることになります。

※1:総務省統計局統計データ、日本の統計第2章人口・世帯
2-2 都道府県別人口と人口増減率より
⇒2015年東京都国勢調査人口:1315.9万人
⇒2018年東京都推計人口:1382.2万人

※2総務省統計局統計データ、日本の統計第2章人口・世帯
2-4 年齢各歳別人口より
⇒20歳~40歳総数:2886.2万人

参考ページ:統計局ホームページ/日本の統計 2020-第2章 人口・世帯 (stat.go.jp)

そして今回の本命であるサービス接遇検定講座を取り扱っている大手資格支援サイトはユーキャンだけとなっています(2021年2月9日現在)。


ユーキャンをおすすめする大きな理由は以上の2点ですが、他にも魅力があります。後ほど詳しく紹介しますが、初心者でも分かりやすく確実な合格を狙える教材、各種手厚いサポート体制、割引特典、教育訓練給付制度の適用など、資格勉強において非常に心強いです。




口コミを見てみましょう!

コメント評価

20~40歳の2人に1人は利用しているユーキャン。
実際に利用した方の声を紹介します。

勉強な苦手でも楽勝でした!

(20代男性)
各教材が本当に分かりやすかったです。

実はユーキャンだけでは少し不安でしたので、市販の参考書も購入しましたが最後まで使うことはなかったです。

値段もと頃だし利用しない手はないですね。

ユーキャンでよかった!

(30代女性)
私は5年ほど前からアパレル業で働いています。

接客スキルを上げたいという思いから色々な資格スクールや通信講座でマナー検定などを取得してきました。

今回ユーキャンでサービス接遇検定を見つけて、受講してみると、私が体験した中では一番楽に勉強できました。

質問に対してもしっかり返答してくれます。 たまに返答が遅れる事もありしたが、そこは気になるほどではありませんでした。

試験も一発合格で、お客様からも感謝されることが多くなり毎日が充実しています。

やるきが落ちませんでした

(30代男性)まず申し込みから教材が届くまでが早くてやる気がそがれることなくありがたかったです。

勉強期間は定期的に添削問題で自分のレベルが上がっていることを実感できるのでモチベーションを維持して続けることができました。

無事に試験も合格出来て大満足です!

10分確保できればOK!

(20代女性)受付業務をしています。

ユーキャンで資格を取った同僚や友達がいたので、私もユーキャンでサービス接遇検定を受けてみました。

私は仕事と家事で中々まとまった時間が取れないので少し心配でしたが、各項目が隙間時間でも十分に勉強できるボリュームで無理なく続けられました。

無事に資格も取得し仕事に対して誇りをもって取り組めるようになりました。

コスパが素晴らしい!

(20代男性)業務にようやく慣れてきたところで、スキルアップしたいと思い資格取得を考えていました。

ですが独学は大変そうですし、通信講座はすごく高額なイメージがあり、時間もお金にもあまり余裕がない自分には厳しいかなと思っていました。

ある時YouTubeでユーキャンのCMをみてふとホームページを見ると、他よりも半額近い値段で受けられるということで早速申込しました。

値段が安い分クオリティの低さを心配していましたが、そんなことはなく分かりやすいテキストやサポートもいきわたっていてユーキャンを受けて正解でした!

みなさん総合的に満足している印象でした。

サービス接遇検定講座もユーキャンで間違いないということでしょう。






「サービス接遇検定講座」詳細

サービス接遇検定の資格取得を目指しているのであれば、ユーキャンの資格講座は間違いありません。この項目で詳細を確認していきましょう。しっかり納得した上で受講することが一番いいですからね。

※サービス接遇検定は3級、2級、準1級、1級の4段階あります。
3級:筆記
2級:筆記
準1級:面接
1級:筆記(総まとめ)、面接

※ユーキャンでは3級~準1級を対策できます。※




勉強内容

 

〇サービススタッフの資質
・基本条件
・働くうえで気を付けること

〇専門知識
・「サービス」の基本的知識
・商業、経済的知識

〇一般知識
・社会常識

〇対人技能
・人間関係の基礎
・接遇の知識
・説明や提示の仕方

〇実務技能
・臨機応変に対応するために

など全22Lesson

上記内容はサービス接遇検定3級および2級に対応しています。
※3級・2級⇒筆記試験のみ
※準1級⇒面接のみ(面接対策教材も含まれています)




特徴・魅力

〇勉強嫌いや初心者にやさしい
ユーキャンの資格講座では、接遇やサービス業界の勉強が未経験の方でも確実な合格へ近づけます。

プロが監修している充実した内容ですが、やさしい表現やイラストにより現場を思い浮かべながら勉強できます。記憶に残りやすいです。




〇テキスト通りに勉強すればいい

ユーキャンは働く社会人のキャリアアップも応援しています。サービス接遇検定講座では仕事と両立することを前提に、4か月間の修得が目標となっています。教材に従って少しずつ勉強していけば、4か月で確実に合格ラインに届くでしょう。

また4か月で間に合わなくとも12か月間はユーキャンのサポートが受けられますので、急に仕事が忙しくなっても安心して勉強を継続できます。




〇サポート期間がどこよりも長い!

様々な資格支援サイトがありますが、サポート内容はどこもほとんど同じで問題の添削や質問受付がメインです。

そしてほとんどサイトは、長くても6か月ほどでサポートが終わってしまいます。ですがユーキャンのサポート期間は最大12か月ですので仕事が繁忙期に入りブランクができても、安心して勉強を再開できます。




〇最近流行りの「スキマ時間で勉強」にも対応

忙しい現代社会人のためにスキマ時間を利用してスマートフォンで勉強ができるサービスが流行っています。

ユーキャンでも導入しており、自動スケジューリング機能、テスト・復習サービスなど利用することができます。




価格・支払方法

[教材一式]
一括払い:35,000円
分割払い:2,980円(月)×12回(35,760円)
※分割払いの途中で残額の一括払いも行えます。

送料:無料

受験料:ユーキャンの資格講座には含まれておりません。
→各受験料は案内ページからご確認ください。
ビジネス系検定|公益財団法人 実務技能検定協会
(jitsumu-kentei.jp)

※教材内容
〇メインテキスト2冊
・2級、3級筆記対策テキスト
・準1級面接対策テキスト

〇副教材
・問題演習BOOK2冊(級別)
・準1級面接対策DVD
・過去問題集1冊
・最頻出ポイントチェック
・添削課題集
・ガイドブック
・添削関連書類一式
・模擬試験など

〇サポート
・学習相談(1年間)
⇒添削、勉強内容の相談
・学びオンラインプラス
⇒スケジュール管理システム、スキマ学習(Webテスト、動画講座)など
(スマホやパソコンで利用可能)

[支払方法]
郵便局・ゆうちょ銀行、コンビニ払い、LINEpay請求書払い、クレジットカード

[返品の可否]

教材到着後8日以内まで返品可能
(キャンセル料は無料、返送料のみ負担)




合格までの流れ

コロナウイルスの影響で試験が中止になる場合もありますが、試験日は例年11月です。ユーキャンのカリキュラムは4か月間で組まれておりますので余裕をもって申し込めば合格ラインギリギリで受験してしまうことがなくなります。

①申込み

以下の案内ページから申し込みましょう。

②カリキュラムに沿って学習する

余裕あるカリキュラムなのであなたのライフスタイルに合わせて学習できます。

③知識の定着

理解度チェックテストや添削問題で理解を深められる。

④試験

合格ラインを十分に超えているはずです。余裕をもって受験できます。

⑤合格発表

約1~2か月後に通知が届きます。合格者には合格証も一緒に届きます。

⑥有資格者として活躍

専門業務に専念するもよし、履歴書でアピールすることもできます。

勉強が苦手な方も確実に合格へ近づけますよ。




申込・案内ページはコチラ!

ここまで読んできたならば、サービス接遇検定を目指すならばユーキャンで勉強するほかないと感じたはずです。

行動するなら、今です。せっかくあなたに合った勉強法と巡り合えたのに、先送りにすればチャンスはどんどん離れていくでしょう。

さっそく申し込んで、合格への準備を始めましょう!

 

ユーキャン:トップページ
(左上部「講座を探す」からサービス接遇検定で検索してください)
サービス接遇検定講座:申込はコチラ!
生涯学習のユーキャン

 




まとめ

今回はサービス接遇検定を試験勉強をするにあたり、最適な勉強法「ユーキャンの通信講座」を紹介しました。


現在不要不急の外出を自粛しなければならない状況で、資格取得を目指す方が急増しています。だからといって全員が合格しているわけではありません。

なぜでしょうか。。。最適な勉強法を行っていないからです。

非効率的なのです。


この記事では私の経験や色々な人の評価をもとに、あなたにお伝えしていますので、どうか記事を読むだけでなく次のステップ、効率的な勉強方法で取り組んでいただきたいと思います。


いずれ独学で勉強するようになるにしても、ユーキャンの資格講座で得た経験は大きな力となります。例えば、参考書選びのコツや勉強のスケジュール管理などです。


この記事があなたの充実なライフスタイルの礎になってもらえれば幸いです。



私のブログでは今回のように苦手を克服・スキルアップするノウハウを日々更新しております。他にもコミュニケーション力・トーク力など伸ばしたいスキルがあれば下記のカテゴリーページから参考にしてみてください。
カテゴリーページ:スキルアップ
※おすすめ記事:社会人が取るべき資格34選


また医療従事者(臨床検査技師)である経験から臨床検査技師や医療情報も発信しております。あなたの周りに臨床検査技師になりたい方がいたり、医療業界について知りたいという方はぜひ参考にしていただけると嬉しいです。
カテゴリページ:臨床検査技師




今回もお読みいただきありがとうございました。



ではまた次回に。。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
入力欄はすべて必須項目です。