• ブログ主:こうさん
  • (2014年~)臨床検査技師として医療界で7年ほど従事。
    (2020年~)自分の経験を発信するためブログを始める。
    (好きなもの)ドライブ・ゴルフ・資格取得・アニメ・ゲーム
  • プロフィール詳細へ
  • お問い合わせはコチラ

【時代においてかれる】オンラインビジネススキルの習得方法とは

私は臨床検査技師という臨床検査技師として7年ほど働いております。

医療機器メーカーや他院の先生(医者)など外部の企業や上の立場の方と関わることが多く、日頃からビジネスマナーの重要性を感じております。


この先はオンラインビジネススキルを上達したいと本気で考えている方以外はご覧にならないでください。


さて近頃コロナウイルスの影響もあり多くの企業で在宅ワークが導入されていると思います。それに伴いオンライン上での営業や商談、会議が増えてきています。多くの方が経験のないことかと思います。

そんなオンラインでの仕事に慣れず、うまくいかないといったお悩みありませんか。勉強するにも大変そうなイメージはありませんか。


そこで今回はオンラインでの仕事を楽々こなせるスキルが効率よく習得できる唯一の方法を紹介したいと思います。


私は医療機関に勤めていますが、システム課のスタッフと仲が良く色々な話をしています(7割は雑談ですが)。

システム課は外部とやり取りすることがほとんどで、世間でコロナ騒動で在宅ワークが増えた頃私の施設でもオンラインで外部とやり取りすることが主流になりました。私自身はオンラインで仕事することはありませんが、システム課の悩みや対策を聞き、同じような悩みを持つ方の参考になれば良いなと思い今回の記事を執筆しています。

システム課のスタッフも私が紹介したこのオンラインビジネスマナー検定を受け、非常に役に立っているそうです。そんな経験も含めてご紹介していこうと思います。

こんなお悩みありませんか?

以前からリモート会議など行うこともありましたが、コロナウイルスの感染拡大で一気にオンラインビジネスが主流になりました。私の施設でも医療機器メーカーや外部の医者との打ち合わせ等はリモートで行うようになりました。

仲のいいシステム課スタッフに話を聞いていましたが、導入当初は導入体制や双方のトラブル対応などかなり大変だったようです。現在安定しているのも技術者の力もそうですが、私の紹介したオンラインビジネス習得方法も役に立ったそうです。かなりうれしかったですね。


そんな経験を経て、あなたにもこんなお悩みはありませんでしょうか。




①会議・進捗報告が苦手・上手いかない

さらに細かく見ていきましょう。
発言がしにくい
会議室で行う会議と異なり、リモートでは1画面に参加者全員が写っています。そんな状況で何か発言しにくいと感じる方が多いようです。

発言が被る
画面上では上半身の一部と顔しか見えません。そういった理由で参加者の挙動がつかみにくく、発言が被ってしまうことが良くあります。オンラインビジネスマナーとして進行役が上手く仕切ること、発言する前に手を挙げるなど共通のルールを作る必要があります。

意見がまとまりにくい
対面ではないため、やはり参加者の挙動が分かりにくいです。ホワイトボード等も使えないので、ちょっとした工夫が必要になります。

内容が充実しない
リモート会議は集まりやすいので普段よりたくさん会議を開くことができます。それに伴い決めるべきことが決まらずとも次回に引き伸ばされやすいのも事実です。1つ1つの会議でここまでは決めるという目標を作ることが大切ですが、それ以前に参加者全員がオンラインビジネスマナーを理解していないと進むものも進みません。




②商談や営業をオフラインと同じようにこなせない

資料の共有では、画面に映したり同じ資料を送ったりなど対策していると思いますが、なかなかうまくいかないことが多いです。商談や営業は体と言葉でアピールしていきます。しかし画面上ではそれができないのでテクニックが必要となります。

また画面上で顔だけ合わせていると、熱意やアピールポイントが伝わりにくいです。オフラインでは体で表現していた熱意・アピールポイントをオンラインでは技術やテクニックでカバーすればうまくいきますよ。




③機材やツール、使い方が良く分からない

リモートなどオンラインビジネスでは専用の機材やツールが必要になります。そしてそれは自分で用意しなければなりません。他の社員から電話でやり方を教えてもらったり、マニュアルやネット記事で1つ1つ手探りしながらようやくできたと思ったらうまく起動しなかったりと、なかなか準備が終わらないことありませんか。


機材・ツールの準備からトラブル対応まで網羅した教材があればいいと思いませんか?

大丈夫です、後ほど紹介します。




④しっかり勉強したいが時間がない

ネット記事では情報が散漫していて、何も分からない状態から1つ1つ知りたい情報を探すのに時間がかかります。「オンラインビジネスの始め方」など参考書では専門用語や基本的な仕組みが分からない状態では読み解くのが大変です。

他の社員に教えてもらおうにも、相手も仕事があるのであなたのためだけに何時間も時間を割くわけにはいきません。




⑤相手にトラブルが起きても対処できずグダグダになってしまう

相手に予期せぬトラブルが起きた時、自分たちで対処しなければならない時ありますよね。自社内であればまだ良いですが、それこそ商談・営業中にトラブルに見舞われた場合大変ですよね。双方とも近くにシステム担当者がいればよいですがそうとも限りません。

自分で相手のトラブルも解決できる知識の必要性を感じ、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。






オンラインビジネススキル習得の唯一の方法

そもそもビジネススキルを鍛えるにはビジネスマナーを鍛えなければなりません。ビジネススキルの8割はマナーであるといえます。一般的なビジネスマナーもオンラインビジネスマナーも習得法は色々な手段があるように思います。しかしほとんどの手段は偏りがあり、結果的に中途半端な知識しか習得できません。

(オンライン)ビジネスマナーの習得方法にはビジネス書やセミナー、ネット記事などあります。これらは特定の項目(例えば名刺交換のことだけなど)のマナーしか習得できません。しっかりすべて学ぼうとすれば膨大な時間がかかりますよね。ちなみにセミナーもビジネスマナーすべてを網羅しているものなど存在しません。


では、限られた時間ですべてしっかりと習得する方法はあるのでしょうか。


唯一1つだけ方法があります。

それがオンラインビジネスマナー検定を取得することです。


通常のビジネスマナーからオンラインビジネスマナーまですべて網羅しており、さらにスマホで学習できるため時間を無駄にせず最短で習得することができます。



私の勤務する施設でオンラインビジネスを導入した際、システム課のスタッフから「不慣れなスタッフが多く、教育にも時間がかかる」などかなり苦戦していたようです。

システム課のスタッフと仲が良く、私が社会人のスキルアップ法や様々な資格のブログ記事を書いており精通していることは知っていたため相談を受けていました。

そこでオンラインビジネスマナー検定を勧めたところ、システム課で取り入れ実践してくれました。その結果約1~2か月でほとんどのスタッフがオンラインビジネスマナーを習得し、オンラインビジネス導入前と変わらず仕事に取り組めるようになったそうです。

また相手先にトラブルが起きた際も、習得した知識で解決し問題なく打ち合わせを完了したそうです。本当に良かったなと思います。


他にもオンラインビジネスマナー検定は多くの方から支持されています。一部紹介します。

「短期間で効率よく学べる」

(50代男性)
勉強が長く続かずいつも途中で諦めてしまいましたが、各章の勉強は10分あれば終わるのでペースを崩さず最後まで勉強できました。

各章に確認問題もはいっているので、学んだ情報をアウトプットできたのが非常に役に立ちました。

勉強した日からすぐに実践できて、即時効果を感じることができるので取得しがいのある資格だと思います!

「オンライン会議が得意に!」

(30代女性)
コロナの影響で営業や会議は全てzoomを使用しています。

マイクの使い方や発言方法といった、zoomで他人と差をつけられるようなポイントを学ぶことができました。

オンライン上でやり取りをする際のストレスをいかにしてなくしていくかを考えながら仕事ができるようになりました!

私の施設もそうですが、他の多くの方がスキルの上達を確実に実感しているようでした。


ということで、セミナーやビジネス書、ネット記事に勝るオンラインビジネスマナー検定についてあなたにも紹介したいと思います。


今抱えているその悩みも何のことはなかったと思える日が近いですよ!


「ほんとかよ…!?」なんて思いましたか?
内容や特徴を見れば納得できるはずです。さっそくご紹介します。






最強教材:オンラインビジネスマナー検定

神経伝達
数ある教材の中で、すべてを網羅し短期間で習得できる唯一無二の最強教材だと思います。オンラインビジネスマナーを学習し検定に合格できるレベルまで達すれば、この時代のオンライン化ビジネスで怖いものはないです。



カリキュラム内容

さっそくどんな内容(カリキュラム)かご紹介します。

<カリキュラム>
第1章:仕事の基本と心構え
第2章:オンライン利用時の基本的なマナー
第3章:オンライン上の服装と身だしなみ
第4章:基本の挨拶
第5章:オンライン上のお辞儀に関するマナー
第6章:メールやチャットに関するマナー
第7章:オンライン名刺の活用
第8章:電話の対応
第9章:敬語の使い方
第10章オンライン営業とポイント
第11章オンライン営業に関するツール
第12章オンライン時におすすめの機材

ご覧の通り、オフライン(従来)のビジネスマナーから、オンラインビジネスマナーまですべて網羅しているカリキュラムです。ここまで学べる教材であれば、これ1つでオンラインビジネスマナーを完璧にマスターできます。

ビジネス書を読みあさったり、疑問に対し1回1回ネットサーフィンしたり、セミナーなど決まった時間に拘束されることがありません。




特徴から分かる他にない魅力

ここではオンラインビジネスマナー検定にはどんな特徴があり、それはあなたにとってどんなメリット(魅力)があるのか解説します。

[充実したカリキュラム]

カリキュラム内容は先ほどご紹介しました。

特徴として
従来の対面でのビジネスマナーから学べる
→基礎から振り返ることができ、現時点であなたに不足している(おろそかになっている)マナーを補うことができます。

オンラインビジネスマナーについて機材の準備から実践編まで網羅している
→この検定1つで習得できるため、他の教材に使う時間と費用、労力が必要ありません。

練習問題が豊富
→項目毎にも練習問題が用意されており、かんたんに知識を定着できます。さらに解説が丁寧で分からない箇所を自分で調べる必要がありません。


[融通の利くプログラム]

1項目が10分で修了できる
→スキマ時間で勉強できます。1日1~2時間勉強する計算では最短1週間で修了できますが、自分のペースで勉強でき2~3か月かけて資格取得する方もいます。

スマホで勉強可能
→スキマ時間でいつでも・どこでも勉強できます。

検定試験もスマホで受けられる
→試験会場に足を運ぶ事なく、好きな時間にスマホ上で試験を受けることができます。


[安心と信頼]

一般社団法人の認定検定である
→オンラインビジネスマナー検定は、一般社団法人 日本オンライン資格推進機構(JOCP)認定の信頼性が担保された資格です。転職の際、企業の需要性により履歴書に記載することで強い武器になります。

教材内容は各資格のプロフェッショナルが監修している
→ネット記事やビジネス書など著者の信頼性に欠ける教材に比べ、専門講師が行うセミナーのように教材内容に信頼性があります。従って一生役に立つ知識を得ることができます。

合否結果が試験終了後すぐ発表される
→カリキュラムを修了し試験合格後、すぐに実績としてアピールできる。

試験に何度でもチャレンジできる
→勉強不足やうっかりミスをしても安心です。再受験料は1500円と高額ではないのでプレッシャーはありませんが、油断しすぎには注意です。

購入した教材は無制限で利用できる
→多くのデジタル教材は閲覧期限がありますが、オンラインビジネスマナー検定の教材は無制限で利用できるため、定期的な復讐ができ新鮮な知識を維持できます。





安心の価格

オンラインビジネスマナー検定の通常価格は35,000円です。

しかし今だけ約40%引きで20,000円となっています


これだけ安く提供されるのは今需要が高まっているからです。ですからこの検定の受講・受験者が安定して増えてくれば価格は35,000円に戻っていくでしょう。1か月後には通常価格に戻ってしまうかもしれません。この機会を逃してはなりません。

また一部カリキュラム(3章まで)を無料で体験することもできます。

[価格詳細]

教材・検定費・認定証・キャリア相談費:35,000円➡20,000円
再受験料(2回目以降):1,500円

[支払方法]
クレジットカード、各種電子マネー、コンビニ決済、銀行振込





検定合格までの流れ

①申し込む

以下の申込ページから申し込む

②カリキュラムを修了する

スマホやパソコンでオンラインビジネスマナーを学ぶ

③知識の定着

練習問題を繰り返し解く

④試験

そのままスマホ・PCで受験できる。選択問題となっています。

⑤合格発表

試験終了後、即通知されます

⑥証書が届く

合格通知から約1週間で認定証が自宅に届きます

ご覧の通り面倒な手続きなどなく、かんたんに試験合格まで行えます。





申込案内

オンラインビジネスマナー検定を受けない理由がありません。強いてデメリットを挙げげるのならば…すみません、思いつかないですね。


オンラインビジネスマナー検定は一般社団法人 日本オンライン資格推進機構(JOCP)が主催ですが、カリキュラム受講や試験手続きは「Smart資格」という指定の認定機関が担っています。



以下のリンクからに各案内ページから詳細確認・申し込みください。


●申込ページ(カートに入れるをクリック)
オンラインビジネスマナー検定のお申込みはコチラ!

●詳細ページ
さらに詳しくオンラインビジネスマナー検定知りたい方はコチラ!

●Smart資格トップページ
【Smart資格】ウィズコロナで需要爆増中!スマホで学べる人気のオンライン資格を合格!







まとめ

今回はオンラインビジネススキルの習得法について解説しました。習得手段としてはたくさんありますが、ほとんどがあなたの時間、お金、労力を無駄に消費するだけです。


オンラインビジネスマナー検定はすべてをカバーしています。検定に合格して一刻も早くオンラインビジネスを従来の仕事様式と同じレベルでこなせるようになりましょう。


私のブログでは今回のようにスキルアップのためのノウハウや資格情報を日々更新しています。他にも気になる方は以下のリンクからご覧ください。
おすすめ記事:社会人が取るべき資格34選
カテゴリページ:スキルアップ
カテゴリページ:資格



また医療従事者(臨床検査技師)である経験から臨床検査技師や医療情報も発信しております。あなたの周りに臨床検査技師になりたい方がいたり、医療業界について知りたいという方はぜひ参考にしていただけると嬉しいです。
カテゴリページ:臨床検査技師





今回もお読みいただきありがとうございました。



ではまた次回に。。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
入力欄はすべて必須項目です。