• ブログ主:こうさん
  • (2014年~)臨床検査技師として医療界で7年ほど従事。
    (2020年~)自分の経験を発信するためブログを始める。
    (好きなもの)ドライブ・ゴルフ・資格取得・アニメ・ゲーム
  • プロフィール詳細へ
  • お問い合わせはコチラ

臨床検査技師に強みはあるのか【ステップアップ編】

私は臨床検査技師として7年ほど働いてきました。


7年間で病院・クリニック(健診・ドック)・検査センターを渡り歩いてきました。その中で臨床検査技師の強みとは何だろうと考える場面が幾度かありました。


そこで今回は他職種・他業種の転職や異動を考えている方に向けて、今まで培ってきた臨床検査技師としての経験とその強みとは具体的に何か解説していきます。


また医療系の職種に就きたいと考えている方、臨床検査技師に興味がある方には以下の記事で解説しています。内容は7割くらい同じですが、状況が異なる、違う視点であるということから別に解説しています。


さて臨床検査技師として数年~10年ほど働いてきて、自分の進みたい道が変わったりステップアップしたいという思いで転職にチャレンジする方が多いかと思います。


そんな時、自分のアピールするポイントがあまり浮かばないという方もいるのではないでしょうか。



今回はそんな方に向けて臨床検査技師として働いてきた強みとさらに深堀りし各、業務を行ってきてどんなポイントをアピールできるのか解説していきたいと思います。


私は病院・クリニック(健診・ドック)・検査センターと転職してきて自分の強みを何度も考えてきましたその後人事や管理職の方と話す機会もあり、世間話の感覚で面接時の評価を詳しく教えてもらっていました


良い点も悪い点もありました。


そんな経験も踏まえ、どんなポイントをアピールするべきかしっかり解説していきますのでぜひ最後まで読んでみてください。

臨床検査技師の強みとは

私のこれまでの経験はもちろんのこと、この記事を書くため職場の先輩や同僚(前の職場も含め)、学生時代の先生にも話を聞いてきました。


まずは臨床検査技師の強みについて一覧で見ていただきたいと思います。



※青文字クリックで各項目に移動できます。

①医学的(検査データ等)知識が身につく

②医師と情報交換や業務連携で親密になれる機会が多い

③コミュニケーション能力が高まる

④気が利く人間になれる

⑤癖の強い人間関係にも適応できるようになる
(検査技師の4割は癖が強いのではないか)

⑥トーク力があがり人前でも物怖じせず喋れる人間になれる

⑦頭の回転が速くなる

⑧パソコンに強くなれる

⑨取得できる資格の幅が広い

意外とたくさんあるのに驚いたのではないでしょうか。


医学・検査・接客という3つの側面がある特殊な業種なので、身につくことも多いです。他にもまだあるかもしれませんね。



では次になぜこれら強みが身につくのか、かんたんに解説していきます。




何も考えず働いていては何も身につかない

いきなり恐怖をあおるようなタイトルですが、意識して考えながら行動(働く)しないと身につくものも身につきません。


「それはやばい」と冷や汗をかいたかもしれません。


しかしあなたは数年~10年ほど働いてきて何も考えずに働いているのだとしたら、ステップアップしたいなどと思いません。


安心してください。


今まで働いてきて何かしら身についていることはあるはずです。



臨床検査技師の強みを紹介しましたが、どんな経緯で身についたのか振り返りながら自分の強みを確認していきましょう。



※どの業界もそうですが、人間は考えながら行動する生き物ですから漫然と働いていたとしても何かしら強みを得ているはずです。




①医学的知識が身につく
医学

医療従事者であるならば、医学の知識が身につく環境ですので日々の業務の中で自然と身についてきます。また自分でも勉強する機会が多くやればやっただけスキルの向上や信頼を勝ち取れます。


臨床検査技師はその名の通り検査値の読み取りに強く、病態を判断することに長けています。しかし薬学や回復期のフォローアップ(リハビリなど)の分野に弱いため、そのあたりを自分で勉強することで臨床検査技師の壁を越えて一人の医療従事者としてチーム医療に大きく貢献できるでしょう。


いままで他の分野を触れてこなかったしても、最低限今から少しかじっておくだけでもいいと思います。




②医師とコミュニケーションがとれる
医者の心

医師が診断するうえで重要な材料には主に患者の症状、検査結果がありますよね。


ですから医師が診断するうえで臨床検査技師との連携はかかせません。そこで正確で医師を納得させられるデータを提供できることがまず重要と思います。簡単なことではないですが、ここで信頼を得られればプライベート(昼休憩の時など)でいろいろな情報交換やコネを作ることができます。


あなたはいかがでしょうか。


ちょっとした仕事の合間に世間話をできる関係であれば十分かと思います。自分の知識の向上やスキルアップのためのチャンスを獲得できると思います。


ただルーチン業務をこなす検査技師ではそんな知識や経験は決して得ることのできない財産となり様々な場面で自分の力となってくれます。



転職などスキルアップ面で何気なく相談するだけでも、良い情報をゲットできるかもしれません。




③高いコミュニケーション能力の習得
全員が納得

主に検査を担当する臨床検査技師でも最近は患者や受診者(健診・ドック)と直接かかわることが増えてきています。いわゆる接客業の側面もあると思います。


健康診断・人間ドックでの接客はアパレル業など世間一般的な接客業と似ています。その一方で患者に対する接客(?)は性質が全く異なります。



病気で苦しんでいる、不安になっている、普段より神経質になった状態の方を相手に仕事をしているわけです。つまり世間一般的な接客業よりも「相手の気持ちをくんだ」接客・コミュニケーションがとれるようになるわけです。


コミュニケーションにおいて、この「相手の気持ちをくめる」という能力は医療従事者であるからこそ身につけられる能力であり、他の業界においても重宝されます。




④気が利く人間になれる
二人寄り添う

まず医療従事者としてですが、病気やケガを負った方と接するため先を読んだ配慮が必要になります。そんな環境下ですから自然とできるようになったり先輩の指導で身についているはずです。


そして臨床検査技師としてですが、まず検査は一人でやっているわけではありませんよね。他の検査技師、医師、看護師、その他医療従事者と連携をとらなければ、患者の命に関わることもあります。


迅速かつ正確な検査結果をあげるために自分の担当検査はもちろん他の検査技師が自分のふるまいのせいで判断ミスや検査の遅れがあってはなりません。


また次のスタッフへ患者の案内や検査結果の報告など先を読んで円滑に進めなければ患者のリスクを一気に高めることだってあります。




振り返ってみてください。


あなたは他のスタッフと円滑に連携がとれていますか?独りよがりの仕事をしていませんか?


出来ていないと思った方は他のスタッフの動きを観察してみてください。ちょっっとしたことでもフォローできることがあるはずです。


あなたは業務に慣れてきて中堅技師に入ろうとしています。自分のことだけと視野を狭めずにアンテナを広げてみましょう。明日から行動に移すだけで、考え方が変わり心にも余裕が出てきます。


人間的に成長できる準備は整っています。あとは考え方を改め行動するだけです。




⑤人間関係への適応力が上がる
ひらめき

よく臨床検査技師界隈では、癖の強い人間が多いといわれます。気難しい人やそっけない人(コミュニケーション力が低い?)、いつも怒鳴っている人、感情の起伏が激しい人といった人間が多いです。


他の業界でも多少は存在すると思いますが臨床検査技師という職業柄、そういった人が多いように思います。あなたの職場にも1人はいるのではないでしょうか。



そんな職場で迅速かつ正確な仕事をしなければならないので、嫌でもそのような人間との距離感やかかわり方がある程度できていると思います。


この点も強みになり、仮に転職先の面接で人間関係について問われたとしても「○○な経験からどんな人間関係にも溶け込める」といえると思います。




⑥トーク力の高さ
コメント評価

コミュニケーション能力とトーク力は似たようなものだと思う方もいるかもしれませんが、両者は性質が微妙に異なります。かんたんにいうと、トーク力は自分から発信する力、コミュニケーション能力は相手との円滑な言葉のキャッチボール能力といったところでしょうか。


両者については以下の記事で詳しく解説していますので気になる方はご覧になってみてください。


臨床検査技師は、意外と人前で自分の考えや知識を発信する場面が多いですよね。


例えば学会発表や患者への説明、医師や他医療従事者への検査結果の臨床的説明などがあると思います。。


特に学会発表は一般企業のプレゼンテーションと似ているため、かなり強みになるかと思います。話の構成や質疑応答の対応など一度やったことがあるのとないのとでは評価にかなりの差があります。

学会発表したことがなく、少し気が引ける方は部署内で勉強会を行いましょう。自分の勉強したことを発表すればいいので学会発表よりもハードルは低いです。しかし人前でのトーク力はしっかり身につくと思ます。


部署内で普段勉強会をやっていない場合は所属長に「多くの人の前で話せる(発表できる)ようになりたいので勉強会を開きたいです」と相談しましょう。もしかするとその先で学会発表のチャンスがめぐってくるかもしれません。


ここはめんどくさがらず、思い切って行動していくことが非常に重要です。




⑦頭の回転が速くなる
神経伝達

検査技師の忙しい時というのは怖いくらい検査が舞い込んできます。ルーチン業務やりながら救急での至急検査や検査依頼・問い合わせの電話対応に追われたりと常に仕事の優先順位と効率の良い動きを考えながら日々仕事をこなしていることと思います。


仕事に慣れた今ではさらに他の技師のフォローにも気を配っていることでしょう。


また周りのほとんどの検査技師はいざというときに素早く的確に行動できるので自分はなんてダメなんだろうと思ってしまうかもしれません。



しかし私が病院から転職した際に思ったことは、今まで先輩と比べて頭の回転が遅くて自分を責めたりしていましたが、他の職場に移ると意外と先を読んで行動できる自分に気が付きいつの間にか成長していたんだなと実感しました。



頭の回転が速くなるとトーク力の向上や気が利く人間になれますよ。




⑧パソコンに強い
パソコン

書類作成やデータの管理、勉強会の資料づくりなどパソコンに触る機会が多く、基本的なパソコン作業を身につけることができます。


MicrosoftでいえばWord、Excel、PowerPointといった基本的なものは使いこなせているはずです。


「パソコンは使えますか?」などの問いかけにも自信をもって答えて良いと思います。




⑨取得できる資格の幅が広い
本

臨床検査技師は他の医療従事者と比べ、勉強する分野が多いため様々な資格を取得できるチャンスがあります。


またそれら資格を活かして、進める道の選択肢も多いです。


たとえばどんな分野の資格かといいますと
各種検査系、化学系、心理学系、栄養系、英語、ドイツ語などです。


細かくは他の記事で紹介していこうと思いますので気になる方はそちらで確認してみてください。






アピールポイント

臨床検査技師として働いていることで、どんな強みが身についているか確認できたでしょうか。


ここからはこれら強みをどのようにアピールできるか具体的に解説していきたいと思います。




業務経験(検査・医学的知識)

医療・福祉・化学系の職種はもちろんのこと、他業種でも臨床検査技師の経験を強みとしてアピールできます。


医療・福祉・化学系の職種では、医学的知識や経験を発揮できるのでそのままアピールすればよいですが、他業種では直接アピールしても響きません。


ですから以下のように少し視点を変えてアピールしてみましょう。

・コツコツ努力できる
医学の勉強は膨大で難しいです。そんな学問の勉強を続けてきたのですから、どんな分野のことも着実に習得できるとアピールできます。

・数字に強い
多くの人は検体検査を経験していると思います。つまり検査値(数値)と戦ってきたわけです。他業種でいえば売り上げや顧客情報などの集計・分析は得意といえるのではないでしょうか。

・細かい作業に強い
超音波検査や用手法など繊細な技術伴う仕事を担当したこともあると思います。技術系などではアピールできる良い強みだと思います。




コミュニケーション能力

特に接客業や営業などを行う職種では医療従事者だったという点は大きな評価対象になると思います。


アピールする際は「どんな性質の患者にどんなアプローチをかけてうまくいったか」といったエピソードを用いて行うとよいです。


また営業が関わる職種であれば、医師や他コメディカルに自分の意見を発信し納得させられるという経験をアピールするのが有効です。営業での交渉術の伸びしろをアピールできます。




トーク力

「⑥トーク力が高さ」でも触れましたが、企画・開発等におけるプレゼンテーションや会議において力を発揮できる強みです。


学会発表や定期的に行う勉強会での経験から、「発言力」「トーク力」を発揮できるということをアピールすることが有効です。


またトーク力を高めるチャンスは学会発表や勉強会以外にも多くあります。以下の記事ではそんな方法をレクチャーしていますので確認してみてください。もし足りない点があれば参考にしていただければいいかなと思います。





各種保有資格

医学的知識と同じく、医療・福祉・化学系への転職の際には、その分野での資格取得が有効です。その他の職種では役に立たなくとも「学ぶ意欲・積極性」があることの証明にもなりプラスの印象を与えられるでしょう。


また臨床検査技師として働いている中で医療・福祉・化学系以外の分野の職種でも取得できる資格はあります。


英検は代表的な資格といえます。


グローバル化が進んできている中、必ず高評価を勝ち取れると思います。


私の経験の中で驚きだったのが、学生時代趣味で取った「メンタルヘルスマネジメント検定」が就職の際意外にも高評価だったことです。後から部長に聞いた話では将来的にマネジメントを任せてもいいかなという印象を持ってくれたみたいでした。


臨床検査技師がとるべき資格、転職に役立つ資格について別の記事でまとめております。





パソコンスキル

各種書類作成時にはWord、データ管理等にはExcel、各発表時にはExcel・PowerPointを使用しているかと思います。それ以外でも業務上パソコンを触る機会が多いと思います。



自分からアピールすることではないですが、「ウチではパソコンの作業が多いですがスキルはありますか?」といったことを聞かれた時、いままで行ってきたことをアピールすると効果的です。


また資格でもパソコンスキルを証明するものがありますので積極的に取得するのがおすすめです。資格は永続的な武器となりますからね。





臨機応変な対応力

どの職種でも臨機応変に対応しなければならない場面はあります。しかし他の職種と異なり、医療従事者は患者の命がかかっていますからプレッシャー、迅速かつ適切な判断、行動・発言力が求められます。


この能力は私たち臨床検査技師が普通に業務をこなしているだけでもしっかり身についています。自信をもってアピールしましょう。


しかし天狗になりすぎても良くありません。臨機応変な対応は知識と経験から発揮できるものです。転職を考えている方は仮にも未経験の職種になるわけですので、最初から適切に行動できるわけではありません。謙虚にアピールしましょう。


※例
緊急時の検査等では予期せぬ事態が多く起こり、そのたび臨機応変に対応してきました。御社(御院)でも発揮していきたいと思っていますが、まずは自分が確実にできることや知識を増やしていき、いち早く戦力になりたいと思っています。





あなたの選択、間違っていませんか?

この記事を見ているということは、既に履歴書を作成していたり、面接の準備をしているかと思います。


あなたはその転職先、どのように見つけたのでしょうか。私の経験上紹介やリクルートサイトだけでの判断は危険だと思います。


結論から言いますと転職エージェントに相談すべきです。先輩や上司から紹介された場合一見安心できるように思います。雰囲気や職場環境は良いかもしれません。


しかしいくら紹介先だとしても給料面の交渉や福利厚生などは自分の希望通りにいかないことが多いです。転職エージェントではそこのフォローアップを最後までサポートしてくれます。


しかしすでに動き出している方の場合、転職エージェントに相談しても紹介先等を否定され振出しに戻ってしまう可能性もあります。
(転職エージェントは自社が保有する求人での報酬が収益となるため)


そこでおすすめしたいのがキャリアパーソナルトレーナーです。


あなたの転職希望にあわせ、自己分析から企業研究、履歴書作成、面接練習やアフターフォローまで専属のプロが支援してくれます。


既に履歴書を出してしまった、面接を控えている方も力になってくれますので一度相談してみてはいかがでしょうか。


もちろん相談料は無料です。


※無料相談の後、サポートしてもらうのか(有料)決められますので安心です。


自己判断せず、キャリアパーソナルトレーナー(キャリアカウンセラーや、企業の採用担当、起業家などが担当)に相談しましょう。


ゲキサポ!転職:無料カウンセリングの詳細はコチラ!
ポジウィル株式会社


また転職先が見つかっていない方は以下の記事でおすすめの転職エージェントを紹介しています。



私も利用したことがありましてその結果転職活動の負担が非常に軽くなり、職場内の雰囲気なんかも情報があり無事に転職が成功しました。転職サイトの情報を自分で分析することには限界があります。ぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか。





まとめ

今回はスキルアップを目指している方に向けて臨床検査技師の強みを解説しました。あなたに当てはまるものはありましたか?


自信をもって次のステップに進んでいきましょう!



私のブログではこういった臨床検査技師の悩みを解決できる記事を更新しています(他のジャンルもあります)。気になる方は以下のカテゴリーページからご覧ください。

カテゴリーページ:臨床検査技師



今回もお読みいただきありがとうございました。



ではまた次回に。。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
入力欄はすべて必須項目です。