• ブログ主:こうさん
  • (2014年~)臨床検査技師として医療界で7年ほど従事。
    (2020年~)自分の経験を発信するためブログを始める。
    (好きなもの)ドライブ・ゴルフ・資格取得・アニメ・ゲーム
  • プロフィール詳細へ
  • お問い合わせはコチラ

臨床検査技師になるには【進学すべき大学解説】

私は臨床検査技師として7年ほど働いています。


学生時代の先生の話や職場の先輩・後輩の経歴からもっと良い大学に入れば良かったなといつも感じています。

この記事にたどりついた高校生、社会人、保護者の方々は臨床検査技師になるにあたり以下のような大学を探しているでしょう。

・国家試験合格率が良い大学
・有名なブランドの大学
・楽しそうな大学
・費用面や通学面


今回はそんなあなたが求める大学を紹介し、さらに大学で臨床検査技師を目指すメリットを解説したいと思います。
    

先ほども少し触れましたが、私の学生時代の先生、職場の先輩や後輩の情報をもとに最新のおすすめ大学を紹介しています。


いろいろな視点から評価された大学になりますので必ずあなたの求める大学が見つかると思いますよ。

臨床検査技師になるには(おさらい)

まず臨床検査技師として働く条件をかんたんに確認しましょう。

[国家資格:臨床検査技師免許の取得]
年1回(2月)行われる試験で約6割以上の正解率で合格します。


[試験の受験条件]
まず以下の図にまとめましたのでご覧ださい。
※外国での履修や免許取得者、衛生検査技師免許保有者や教育課程修了者は除く

参考:厚労省ホームページ「臨床検査技師国家試験の施行」
https://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/rinshoukensagishi/

[指定科目※1]
医学概論、解剖学、生理学、病理学、生化学、微生物学、医動物学、情報科学概論、検査機器総論、医用工学概論、臨床血液学(血液採取に関する内容を除く)、臨床免疫学

[指定科目※2]
医用工学概論、臨床検査総論、臨床生理学、臨床化学、放射性同位元素検査技術学、医療安全管理学

かんたんにまとめますと、臨床検査技師に必要な教育課程を修了し証明できれば良いということになります。






進学すべき大学

先ほどの図でもわかるように、臨床検査技師をはじめから目指すのであれば文部科学大臣指定の大学に通わなければなりません。


この記事では当然これを踏まえて紹介していきます。しかし自分で調べる際には該当する学科はあるか、免許は取得できる大学かを調べることが重要です。


※細胞検査士を目指す場合
この先臨床検査技師の各担当検査において重宝されるであろう職種が2つあります。1つは超音波検査士、もう1つは細胞検査士です。両者とも実務経験の上で資格を取り働いていくことになりますが、

細胞検査士が行う細胞診検査は行っている施設が少ないです。

そのため学校や養成所で勉強し資格試験を受けることが一般的です。ですからこれから臨床検査技師を目指す方は細胞検査士のことも検討してみてください。

それを見据えたうえで進学すればあとから細胞検査士の学校に入っておけばよかったという後悔をせずに済みます。

細胞検査士を取れる学校に入れば、臨床検査技師と細胞検査士の受験資格を手にすることができます。実際の就職先は必ずしも細胞診検査を行う職場でなくても大丈夫なので、興味のある方は入学するべきかと思います。




学費平均

入学金:約300,000円
4年間合計(国公立大学):約3,000,000円
4年間合計(私立大学):約6,000,000円



北海道の大学

北海道の大学で臨床検査技師を目指せる大学は私立大学が3校あります。

北海道医療大学

医療系の様々な学科がある医療系総合私立大学です。学部学科を越えた多彩な授業が行われており、多職種・他分野への理解を深められ現場でも柔軟な対応力を発揮できます。

[該当学科]
医療技術学部 臨床検査学科

[所在地]
当別キャンパス : 北海道石狩郡当別町金沢1757
札幌あいの里キャンパス : 北海道札幌市北区あいの里2条5丁目

[学費]
入学時:725,000円(前期授業料含む)
4年間合計:5,800,000円


<詳しくはコチラからどうぞ>

スタディサプリ進路:北海道医療大学




東北地方の大学

東北で臨床検査技師を目指せる大学は国公立大学が2校あります。(青森、福島)

福島県立医科大学

2021年4月に開設される保健科学部の臨床検査科では細胞検査士試験の受験も可能です。(予定)

[該当学科]
保健科学部(認可申請中)

[所在地]
福島県福島市光が丘1

[学費](詳細は資料請求よりご確認ください)
入学時:約600,000円
4年間合計:約3,000,000円


<詳しくはコチラからどうぞ>

スタディサプリ進路:福島県立医科大学





関東地方の大学

関東で臨床検査技師を目指せる大学は国公立大学が1校(埼玉)、私立大学が17校あります。(茨城、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川)

埼玉県立大学

臨床検査技師の専門性を深めるカリキュラムとグローバル化に向けた育成カリキュラムが魅力的な国公立大学です。

[該当学科]
健康開発科検査技術科学専攻

[所在地]
埼玉県越谷市三野宮820番地

[学費]
入学時:約210,000円
4年間合計:約2,700,000円


<詳しくはコチラからどうぞ>

スタディサプリ進路:埼玉県立大学




杏林大学

細胞検査士も取れ病理学に強いです。また最新の医療機器もそろっているため現場に近い学習ができます。


[該当学科]
保健学部 臨床検査技術学科

[所在地]
井の頭キャンパス:東京都三鷹市下連雀5-4-1

[学費]
入学時:250,000円
4年間合計:6,600,000円


<詳しくはコチラからどうぞ>

スタディサプリ進路:杏林大学





甲信越地方の大学

甲信越で臨床検査技師を目指せる大学は私立大学が1校あります。(新潟)

新潟医療福祉大学

敷地が広くのびのびとキャンパスライフが送れる私立大学です。国家資格のWライセンス取得や、民間資格との組み合わせによるマルチライセンスの取得にも対応したカリキュラムを専攻することもできます。


[該当学部]
医療技術学部 臨床技術学科
臨床工学技士取得も可能なカリキュラム

[所在地]
新潟県新潟市北区島見町1398

[学費]
入学時:1,100,000円(前期授業料含む)
4年間合計:約6,400,000円


<詳しくはコチラからどうぞ>

スタディサプリ進路:新潟医療福祉大学





東海地方の大学

東海で臨床検査技師を目指せる大学は7校の私立大学があります。(岐阜、愛知、三重)

中部大学

文系、理系の全学部が1つのキャンパスで学ぶ私立大学です。広大なキャンパスには充実なキャンパスライフ、学習・研究において最先端かつ快適な施設・設備が整っています。また国際学部も同キャンパス内にあるため、外国語教育にも力を注げます。


[該当学部]
生命健康科学部 生命医科学科

[所在地]
 愛知県春日井市松本町1200

[学費]
入学時:約1,120,000円(授業料等含む)
4年間合計:約6,760,000円


<詳しくはコチラからどうぞ>

スタディサプリ進路:中部大学





北陸地方

北陸で臨床検査技師を目指せる大学は国公立大学が1校(石川)、私立大学が1校あります。(石川)

金沢大学

医学系の学部再編により、各医療職種分野の隔たりを解消し「医療従事者同士の連携」が取れる教育カリキュラムになっている国公立大学です。


[該当学部]
医薬保健学域 保健学類

[所在地]
鶴間キャンパス:石川県金沢市小立野5-11-80

[学費]
資料請求よりご確認ください。


<詳しくはコチラからどうぞ>

スタディサプリ進路:金沢大学




北陸大学

Wライセンスの取得(臨床検査技師、臨床工学技士)を目指せる私立大学です。専門職連携演習では自身の専門性を活かしながらチーム医療の流れ、構成員等に関する基本的な知識、技術、態度を修得できます。


[該当学部]
医療保健学部 医療技術科

[所在地]
太陽が丘キャンパス:石川県金沢市太陽が丘1-1

[学費]
入学金:200,000円
※前期合計:950,000円
4年間合計:約6,200,000円


<詳しくはコチラからどうぞ>

スタディサプリ進路:北陸大学





近畿地方の大学

近畿で臨床検査技師を目指せる大学は国公立大学が3校(京都、大阪、兵庫)、私立大学が7校あります。(滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良)

京都大学

関西の国公立大学御三家といえば京都大学、大阪大学、神戸大学です。これら大学ではいずれも臨床検査技師を目指せる学部があります。


その中で京都大学は自由な学風で楽しく自主的に勉強できる、先生と学生の比が高く(1:6)十分にコミュニケーションがとれることから今回おすすめしています。また細胞検査士も目指すことができます。


[該当学部]
医学部 人間健康科学科

[所在地]
吉田キャンパス:京都府京都市左京区聖護院川原町53

[学費]
入学時:約280,000円
4年間合計:約2,500,000円


<詳しくはコチラからどうぞ>

スタディサプリ進路:京都大学





森ノ宮医療大学

医療界の在り方の変化に伴い、チーム医療など連携医療に強い臨床検査技師になれることはもちろん、森ノ宮医療大学ならではのスタイルである東洋医学もカリキュラムに組まれ幅広い視点から検査結果を判読できる技師になれます。また細胞検査士も目指すことができます。


[該当学部]
保健医療学部 臨床検査学科

[所在地]
コスモキャンパス:大阪府大阪市住之江区南港北1-26-16

[学費]
入学時:約1,030,000円(前期授業料含む)
4年間合計:約6,900,000円


<詳しくはコチラからどうぞ>

スタディサプリ進路:森ノ宮医療大学





中国地方の大学

中国地方で臨床検査技師を目指せる大学は国公立大学が1校(岡山)、私立大学が4校あります。(岡山、広島)

岡山大学

国家試験に必須な分野だけでなく、臨床検査技師として力になる+αの分野を多く履修することができる国公立大学です。また1年次から高水準な外国語教育がカリキュラム組まれており、近い将来重宝されるグローバルな検査技師になれます。

実習先である岡山大学病院は同キャンパス内にあり利便性に長けています。


[該当学部]
医学部 保健学科

[所在地]
岡山市北区鹿田町二丁目5-1

[学費]
入学時:約280,000円
4年間合計:約2,450,000円


<詳しくはコチラからどうぞ>

スタディサプリ進路:岡山大学




広島国際大学

総合病院並みの高水準の施設・設備を導入していることが魅力です。また全面人工芝のサッカー場、陸上競技場や、その他高規格のトレーニングルームを配した体育施設が充実しています。また多彩なカリキュラムでマルチで活躍できる検査技師を目指せます。


[該当学部]
保健医療学部 医療技術学科

[所在地]
東広島キャンパス:広島県東広島市黒瀬学園台555-36

[学費]
入学時:1,010,000円(前期授業料等含む)
4年間合計:約6,600,000円


<詳しくはコチラからどうぞ>

スタディサプリ進路:広島国際大学





四国地方の大学

四国で臨床検査技師を目指せる大学は国公立大学3校(徳島、香川、愛媛)、私立大学が1校あります。(愛媛)

徳島大学

キャンパスが徳島大学病院と併設している国公立大学です。必修専門科目では基本科目に加え医学統計学や画像検査学、選択科目では心理学、経済学等現場に出た時に他の臨床検査技師より一歩秀でた武器を身に着けることができます。


[該当学部]
医学部 保健学科

[所在地]
蔵本地区:徳島県徳島市蔵本町3-18-15

[学費]
入学金:280,000円
4年間合計:約2,600,000円


<詳しくはコチラからどうぞ>

スタディサプリ進路:徳島大学



岡山理科大学

臨床検査技師の受験資格を得るためのカリキュラムは同時に食品衛生管理者受験資格をえることができます。しかし多くの学校は食品衛生分野について少し触れる程度です。

岡山理科大学は「食と医療」が教育の柱の1つであり食品衛生管理者の資格取得はもちろんのこと一般の医療機関のみならず食品検査の領域にも就職の幅が広がります。岡山理科大学は私立大学になります。


[該当学部]
理学部 臨床生命科学科

[所在地]
岡山キャンパス:岡山県岡山市北区理大町1-1

[学費]
入学金:220,000円
4年間合計:約6,000,000円


<詳しくはコチラからどうぞ>

スタディサプリ進路:岡山理科大学





九州地方の大学

九州で臨床検査技師を目指せる大学は私立大学が4校あります。(福岡、熊本、宮崎)

国際医療福祉大学

栃木、千葉、東京、神奈川にもキャンパスがある福岡の私立大学です。キャンパス周辺には総合病院をはじめ、介護・福祉施設も多く隣接しており現場でしか学べないような患者への介助方法など医療福祉を学べる最適の環境です。また細胞検査士も目指せる私立大学になります。


[該当学部]
福岡医療保健学部 医学検査学科

[所在地]
大川キャンパス:福岡県大川市榎津137-1

[学費]
入学時:1,450,000円
4年間合計:5,650,000円


<詳しくはコチラからどうぞ>

スタディサプリ進路:国際医療福祉大学






大学進学のメリット

大学進学は臨床検査技師になるに当たってどんなメリットがあるのでしょうか。


早速見ていきましょう。


※青文字で各項目に飛べます。

4年制でカリキュラムで余裕がある

受験必須項目の他に+αの学問を学べる

研究に打ち込める

初任給が高い

自分のステータスになる



  

4年制カリキュラムで余裕がある

専門学校や短期大学だと3年制と1年短いです。この1年間は大きいです。


4年制というだけでカリキュラムに余裕があり、+αの学問を学べたりバイトをしてお金や経験を手に入れたり友達と思い出を作る時間が増えたりと楽しい大学生活を送れます。




  

+αの学問を学べる

臨床検査技師や細胞検査士、臨床工学技士の受験資格を手にするためには必ず履修しなければならない学問があります。


大学では高い学費(高品質の設備、多くの先生)、広大な敷地、4年制であるという点から必須科目以外にも多くの学問を十分に学ぶことができます。


臨床検査技師として、また他職種として働くことになっても必ず人生のどこかで自分の武器になります。




  

研究に打ち込める

大学では教授が研究室を構えていますので、好きなテーマの研究を行うことができます。


臨床検査技師として現場に出てもこの経験が大きく役に立ちます。


まずは学会発表です。大学、専門学校等の出身に関わらず臨床検査技師なら多くの人が通る道です。そして学会等で発表するためにはテーマを見つける、データを集め分析する、結論を導くといった工程があり初心者にはかなり大変なのはイメージできるかと思います。


次に数多の情報から結論を導き出す能力です。先ほど学会発表の工程でも言いましたが、研究では多くの情報(データ)から結論を導き出さなければなりません。そういった経験は現場では非常に大きな力になります。

臨床検査はただ検査してデータを報告すればいいわけではありません。検査したデータや患者の履歴、または患者の他覚・自覚症状、他の検査のデータからイレギュラーな値であったり緊急を要するものであるか判断し迅速な行動をしなければならないのです。


私の経験や他の技師の話を聞く限り研究をしてきたか否かで仕事の出来が違うような気がします。




  

初任給が高い

どの業界でもそうですが、大卒であれば初任給が高いです。3~5万円くらい差があります。


この話は特に一人暮らしする人には非常に重要だと思います。5万円ふえるだけで1年目からの生活の余裕が段違いです。お金の面で余裕が生まれれば他のことにも気が回り、スキルアップや趣味の充実、恋愛・結婚なんかも現実味が出てきます。




  

自分のステータスになる

天狗になる必要はないですが、大学に出たというだけで自分の自信がつきます。自信を持つことでいろいろなことに挑戦できる行動力が生まれます。


また先輩や上司、医師(などのお偉いさん)からも舐められず一目置かれる存在になるでしょう。





デメリット

ここまで大学進学のメリットを挙げてきましたが、今度は逆にデメリットを2つ解説していきたいと思います。


[学費が高い]
国公立大学に入れれば、専門学校や短期大学よりも安くすみますが、私立大学だと専門学校や短期大学より1.5~2倍と学費がかなりかかります(その分施設・設備はかなり充実していますが…)


[バイトやサークル活動に偏ってしまう]

文系大学ほどではないですが、時間にゆとりがあります。バイトやサークル活動は良い経験なので悪いことではないですが、楽しくてついつい勉強しなくなってしまう人もいます。


私はそんな誘惑に負けそうなときは勉強を自分のレベル上げだと思い、レベルが上がった時の仕事ぶりをイメージしてモチベーションをあげています。


心配であれば短期大学や専門学校で勉強に専念した方がいいと思います。おおげさにいうと、学生や教師陣がやる気に燃えているため自分も自然と勉強に打ち込めるようになります。



専門学校や短期大学について詳しくは別の記事で解説しています。






まとめ

今回は私の経験と周囲の検査技師の話から臨床検査技師になるためのおすすめの大学、大学進学のメリット・デメリットを紹介・解説しました。


やはり大学に進学したい(またはさせたい)と思った方はすぐに行動することが大切です。今がある意味人生の分岐点なのですからチャンスを逃してはなりません。

まずは資料請求してみて学校の情報(学費の詳細、カリキュラム)や学校の雰囲気を詳しく知りましょう。そのうえでオープンキャンパスなどで、実際に大学に触れてみてください。


大学受験で効率的な勉強方法も解説していますのでぜひご覧になって、少しでも取り入れてみてください。



また私のブログではこのような臨床検査技師の記事やスキルアップのための記事を書いています。きっとあなたの悩みも解決できると思いますので、気になる方は下のカテゴリーページからご覧ください。

カテゴリーページ:臨床検査技師
カテゴリーページ:スキルアップ



今回もお読みいただきありがとうございました。



ではまた次回に。。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
入力欄はすべて必須項目です。