• ブログ主:こうさん
  • (2014年~)臨床検査技師として医療界で7年ほど従事。
    (2020年~)自分の経験を発信するためブログを始める。
    (好きなもの)ドライブ・ゴルフ・資格取得・アニメ・ゲーム
  • プロフィール詳細へ
  • お問い合わせはコチラ

『素材から選ぶ』高品質マットレス徹底比較

マットレスを買うなら長持ちさせたいですよね。




寿命や耐久性はマットレスの素材によって全然違います。






しかし寿命・耐久性の良さだけで判断してしまうと、通気性が悪かったりと他の機能が劣っている場合があり、本来のマットレスの役割である「良好な睡眠の質を得る」ことができなくなってしまいます。






今回は素材の特徴を知っていただき、自分のニーズに合わせて総合的にマットレスを選んでいただきたいと思います。





また素材を選ぶうえでのポイントも具体的に上げますので参考にしていただけると幸いです。

今回のポイント

 ①どんな素材が使われているか

 ②各素材の特徴

 ③マットレスの各機能の重要性



自分に合ったマットレスを選ぶには素材以外にも重要な着目ポイントがあります。以下の記事にまとめていますので、合わせて読んでみてください。



どんな素材が使われているか(概要)

すぐに思いつくであろう素材はコイル(ばねのようなもの)やウレタンだと思います。




もちろんそれだけではありません。





まず入り口として現在マットレスの素材として何が使われているかを知っていただきたいと思います。






以下にまとめます。



①2種類に大別される
スプリング(コイル)を使用しているかどうかです。

スプリングタイプ、ノンスプリングタイプと呼ばれます。






②スプリングタイプ
・ボンネルコイル
多数のらせん状コイル(ばね状)を上側と下側で網目状の枠に連結させたものです。




結果的に大きな1つのばねでマットレスを構成しているイメージです。






・ポケットコイル
1つずつ袋で包んだコイルを多数並べたものです。



ボンネルコイルと異なり1つ1つが独立しています。






・高密度連続スプリング
ボンネルコイルと同じように、コイルの上側下側に網目状枠を連結させた構造です。





ボンネルコイルとの違いはコイルがらせん状ではなく様々な形状であること、コイル同士を編み込みより高密度にしています。




そうすることでボンネルコイルはもちろんのことポケットコイルよりも性能が高くなりました。





コイルの形状により名称が異なりますが、機能等に大きく差はなく消費者は特に気にせず使用できます。




また高密度連続スプリングは寝具メーカー「フランスベッド」の特許技術です。







③ノンスプリングタイプ
一般的には5種類ありますが、最近ではそれらの長所を掛け合わせた混合タイプも流通しています。





ですが今まで特に意識せずマットレスを使ってきたならば、惑わされずにまずはシンプルなものを試してみましょう。





・低反発ウレタン、高反発ウレタン
ウレタンの品質は「密度」ウレタンの硬さは「反発力(ニュートン)の強さ」で決まります。




ニュートン(N)の大きさにより低反発~高反発に分類されますが、厳密には3段階に分かれます。




消費者庁によると110N以上が硬め、75~110未満Nがふつう、75未満が柔らかめとされています。





しかしメーカーによって75~110Nでは高反発や低反発の表記はあいまいです。





ですが消費者は体に合うマットレスであればどちらの表記でも問題はないでしょう。






・ラテックス
マットレスで使用されるラテックスには3種類あり、100%天然ラテックス、天然ラテックス、合成ラテックスの順で高品質です。




天然ラテックスが80%以上含有している場合でも、100%ラテックスと表記することができます。



完全に100%でなくても、品質はほぼ変わりません。





因みに天然のラテックスというのは天然ゴムの木から採取した樹液を発泡させたものです。






・高反発ファイバー
ポリエチレン製の繊維からなります。




品質の違いはあれど、使用上大きな差はありません。






・エアーマットレス
空気を入れ膨らませることでマットレスとして使用します。





各素材の特徴を一覧で見る

ここではマットレス使用上外せない機能・特徴をまとめました。




個々の特徴については後ほど紹介していきます。




重さ:重い20~30kg 普通10~20㎏ 軽い10㎏未満
(厚さ約20cmのベッドマットレスの場合)

廃棄:自分で解体して廃棄する場合(費用をかけない場合)

相場:高い 15万円以上 普通 10万円前後 安い 5万円前後

赤色:特化している製品が多い




では次に各特徴や機能の概要と重要性について解説します。






各機能の重要性

先ほどの一覧のようにそれぞれのマットレスは良いところもあれば、悪いところもあります。




そこで自分は何を優先すべきかを考えるために、各特徴・機能にどんなメリット・デメリットがあるのか知っていただきたいと思います。





体圧分散性

マットレスにおける体圧分散性とは寝た状態で体重が集中する箇所を分散させる効果をいいます。





寝た状態での加重比率は頭部が8%、背中が33%、腰~お尻が44%、脚部が15%であり、この加重をいかに少なくするかが、体の負担を軽減させるのです。





マットレスの素材では、ウレタン系やポケットコイルが加重部分に応じて沈み込むため体重を分散させます。






通気性

通気性が損なわれるとダニ・カビの温床になりやすくなったり、背中とマットレス間でムレが生じて寝心地が悪くなります。





通気性が良い素材の特徴として内部が密でないことが挙げられます。




スプリングマットレスやファイバーなどです。





揺れ

マットレスが体の動きにより過度に揺れてしまうことがあります。




すると体は安定を取り戻そうと筋肉が緊張した状態になり、疲れやすくなります。





また1つのマットレスで2人以上寝ている時には、1人の寝返りで揺れが全体に及び全員の寝心地を悪くしてしまいます。





揺れが少ない素材は体重を小さな点で支えるイメージでそれぞれが独立して隣の素材に振動を与えないです。




ウレタン系やラテックス、ポケットコイルが優秀です。





発生音

軋み音となることもあります。




寝返りなど体の動きによるマットレスの浮き沈みの際、音が発生するものがあります。





スプリングマットレスはコイルの伸縮する際に、エアーマットレスは床や体とマットレスの摩擦によって生じます。





一部のエアーマットレスはこれを防ぐために表面素材を工夫しているものがあります。





重さ

マットレスの重さは一長一短です。




重い場合は影干ししたり引っ越しなどで持ち運ぶときにデメリットになりますが、逆にその重みからマットレスがずれにくいというメリットがあります。




軽い場合はその逆になります。




スプリングマットレスは金属製のコイルのため重さがあります。




ノンスプリングマットレスでも密度や素材そのものの比重などによって重い場合があります。




従ってスプリングマットレスは重いものと考えて良いですが、ノンスプリングマットレスは製品によって異なるということです。






廃棄方法

マットレスの廃棄方法には主に廃棄乗車への委託と素材ゴミとして引き取ってもらう、自分で解体して燃えるゴミや燃えないゴミとして廃棄する方法があります。





できればお金を掛けたくないと考えている方は解体しやすいマットレスを選ぶのんも1つかと思います。







各素材の特徴

各素材の特徴・機能を全体的に知っていただいたところで、各素材の特化している機能や固有の特徴について解説したいと思います。




また合わせて各素材を中心につくられたおすすめのマットレスを紹介したいと思います。






ボンネルコイル

ボンネルコイルマットレスは安くて長持ちするマットレスです。




寿命は約10年といわれています。




他のマットレスは相場より安すぎると低品質の可能性があり、劣化しやすいのですが、ボンネルコイルマットレスは安く比較的安定しています。




しかしデメリットは先ほど挙げたように多いです。





そんなボンネルマットレスでおすすめなのがこちらの日本製マットレスです。

ブランドものではありませんが、大手寝具オンラインショップの「neruco」から出品されており、信頼性があります。


価格は約20000万円と安く品質も良いです。





ポケットコイル

ボンネルコイルより若干ですが通気性と寿命の面で劣ります。




しかし体圧分散性が格段に向上しています。





おすすめするマットレスは東京スプリング工業とnerucoが共同開発したポケットコイルマットレスです。

このマットレスはコイルマットレス特有の硬めマットレス(プレミアムハード)から共同開発によって生まれた柔らかめのマットレス(スタンダード)があり、スプリングマットレスでありながら硬さのバリエーションが多いことが魅力です。





高密度連続スプリング

フランスベッドの特許技術により生まれたマットレスです。




機能面ではほぼデメリットがないことから、長く快適に使用できる数少ないマットレスかと思います。




そんなフランスベッドの高密度連続スプリングマットレスの中で特におすすめなのがクラウディアのマットレスです。


このマットレスはフランスベッドの技術を集結し最新の高密度連続スプリング「ゼルト」、詰め物に「ブレスエアー」を用いることで適度な柔らかさと体圧分散性を向上させています。



さらにクラウディアシリーズで使用されている「リフレス」という線維には高い調湿機能があり、肌の乾燥を防ぎつつ過度な湿気を放湿し湿気のこもりを防ぎます。





低反発・高反発ウレタン

ウレタンは加重に合わせて沈み込むため、体圧分散性が非常に高いです。





最近では低反発ウレタンと高反発ウレタンを組み合わせた製品が多く流通しており、最適なフィット感を手にすることができます。



また軽いため持ち運びが容易です。





しかし通気性が悪いため熱がこもりやすいのがデメリットですが、各社ウレタンに様々な素材を組み合わせて欠点を少なくしています。





私がおすすめするマットレスはフレアベルのサーモフェーズマットレスです。

ウレタン素材の欠点である通気性を補う温度調節素材PCMマイクロカプセルにより、オールシーズン快適に眠ることができます。





ラテックス

低反発ウレタンと高反発ウレタンの中間の柔らかさをもつのがラテックスです。





性質上通気性があまり良くないので、通気孔(小さい穴)を入れたりと工夫されています。





ラテックス素材で一番注意しなければならないことが、アレルギーです。




よくゴム手袋でアレルギー症状を起こす方がいますが、これはラテックスアレルギーによるものが半分をしめます。




ですからそのような症状に心当たりがある方は控えた方がいいです。





ラテックスの多くは薄型かスプリングマットレスの詰め物として使用され、ラテックス単体でのマットレスはあまり流通していません。



なぜなら高機能にもかかわらず製造に手間とコストがかかるためです。





しかしシルバーネスのラテックスマットレスは100%天然ラテックスを中心に製造され品質は高くまた極端に値段も高くありません。

ラテックスマットレスを使用してみたい方にはかなりおすすめです。






高反発ファイバー

高反発ファイバーは通気性が群を抜いて良いです。




また耐水性のため洗うことができます。





そのため湿気がこもりやすい場所や時期での使用、汗っかきの方が使用するには最適なマットレスといえます。





高反発ファイバーは硬めの素材であるため、柔らかめを好む方は注意が必要です。




また熱に弱いため熱湯での洗いや、乾燥機の使用は禁忌です。



40℃以上から変形の恐れがあるため注意しましょう。






高反発ファイバー製でおすすめするマットレスは、やはりエアウィーブです。

組み立て式になりますが、組み立てはとても簡単で、ものすごく軽量な三枚のパッドをカバーに入れれば完成です。



また3枚のパッドは独立しているため、洗いも簡単でパッドの配置も変えられるため長持ちします。






エアー

エアーマットレスは中が空気であるため、非常に軽量です。





また空気の量によって自分の好みの柔らかさにすることができます。





そしてマットレス自体は1万円以下でとても安価です。




デメリットとしては軽いためマットレスが動きやすい、体の動きによる発生音が大きい、過度な衝撃で破損しやすい、空気の補充が面倒といった点が挙げられます。




従ってアウトドア用、臨時(来客用)ベッドとして用いるのが一般的です。





日常で使うのならば、引っ越しすることが多い場合やベッドを置くスペースがない、寝具にお金を掛けられる状態にない場合などにおすすめです。






流通しているエアーマットレスには3種類ありマットレスのみ、マットレスと電動エアーポンプのセット、栓を開けると自動的に膨らむセルフインフレート式(薄いです)があります。







おすすめはINTEXのマットレスです。

電動エアーポンプ付きで1万円をきります。



また表面は滑りにくい素材で過度に沈み込まない構造でできています。




そして空気の出し入れもスイッチ一つですし、空気が入るのが1分半と非常に速いのところが使い勝手がいいと思います。







まとめ

マットレス選びは品質(長持ちさせるため)と自分に合うかどうかが大切です。




その2点において重要なのが素材です。






自分が求めるマットレスに適応する素材を見つけることがまず入り口となります。





今回解説した情報で良いマットレスに出会えるといいなと思います。







今回もお読みいただきありがとうございました。





ではまた次回に。。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
入力欄はすべて必須項目です。