• ブログ主:こうさん
  • (2014年~)臨床検査技師として医療界で7年ほど従事。
    (2020年~)自分の経験を発信するためブログを始める。
    (好きなもの)ドライブ・ゴルフ・資格取得・アニメ・ゲーム
  • プロフィール詳細へ
  • お問い合わせはコチラ

ゴムパッキン、壁、水回りの黒カビを撃退!!

浴室、台所、窓のパッキンなど、水気が多い場所は気が付くと黒く変色していることが多いですよね。


せっかくカビ取り剤できれいにしてもまた黒くなってしまう。


なんかもうウンザリしませんか?



原因は正しい除去ができていなかったり、取り除いても予防ができていなかったりすることだと思います。



私は湿気がこもりやすいアパートに住んでいたことがありまして、油断するとすぐクロカビやら緑カビが生えてきて気持ち悪く生きた心地がしませんでした。



そこで臨床検査技師としての知識と世に出回っている情報をもとに、対策したところそれからは一切生えてくることはありませんでした。


ということで今回は黒いカビに対する除去法と予防策について紹介したいと思います。



黒いカビの種類

クロカビ

学名はCladosporium(クラドスポリウム属)です。



空気中にも浮遊しており、低温・乾燥下でも生存することができます。


一見黒いですが、よく見ると深緑色をしています。


表面は平らなことが多いです。


生えやすい場所

湿気や水気が多い場所を好みます。


台所、洗面所、浴室、結露が発生しやすい場所、エアコンなどに多く見られます。


よく目にするのは窓のサッシや周辺の壁だと思います。



また浴室のパッキンの黒い斑点状のカビはフォーマ属(Phoma)という別の菌種です。


人体への影響

クロカビが多く繁殖しているとより多くのクロカビが空気中を浮遊することになります。


するとその菌体や胞子が呼吸とともに人体に侵入し喘息やアレルギー症状を引き起こします。


低温・乾燥に強いため根絶しなければ繁殖は止められません。


すすカビ

学名はAlternaria(アルテルナリア属)といいます。



生態はクロカビと似ています。


空気中を浮遊しており、色も黒色(褐色)です。


乾燥・低温にはあまり強くありません。


発生しやすい場所

クロカビ同様湿気や水気の多い場所に生えやすいです。



またクロカビと異なる点は好環境であればプラスチック面にも発生するということです。


例えばエアコンの外枠などに生えてきます。


人体への影響

クロカビと同じように多く吸い込むことでアレルギーや喘息の原因になります。


また病原性があり、免疫不全(免疫力が弱まった状態)だと皮膚真菌症を発症する場合もあります。


皮膚真菌症は皮膚にカビが感染することで猛烈なかゆみ、皮膚のただれ等が症状として現れます。



高齢者がいるおうちでは気を付けなければならないカビの一つとなります。


水回りのカビ:発生条件

ここでは簡単に発生条件に付いてまとめていきたいと思います。


まずカビが繁殖するうえで必要な条件は以下の通りです。

・湿度(70%以上)
・温度(20~30℃)
・栄養


湿度と温度はイメージしやすいかと思いますが、栄養については例を挙げてみます。


水回りのカビの栄養となるものは

・石鹸カス、フケ、髪の毛、流しきれず隅に残った汚れ、ほこり等です。


これらの要素を日頃から排除できていればカビの予防になることは明白です。



しかしなかなか掃除しきれていないケースが多いと思います。



そこで毎日の家事にひと手間加えるだけでしっかりカビ対策できる方法も後ほど紹介したいと思います。



『場所別』黒いカビの除去方法

場所ごとに除去方法があるのは、使える道具の違いや汚れの種類に違いがあるためです。



よくクエン酸や重曹を使う記事を見ますが私はあまりおすすめしません。


重曹はカビの増殖抑制効果はありますが完全な除去効果は期待できません。


またクエン酸は酸性が弱いため、市販の酸素系漂白剤を使用した方が確実に効果があります。

浴室

浴室のカビの原因の多くは天井のカビから放出される胞子が原因であることが多いです。

それも踏まえ紹介していきます。

使用する物

(安全面)
ゴーグル
水泳用のゴーグルでも目を守れるなら良いと思います。

・マスク
・ゴム手袋
・バススリッパ

(掃除道具)
・柄付きスポンジ(天井用)
・タオルがつけられる伸縮ワイパー(天井用)
・マイクロファイバータオル(あれば良い)
・スポンジ
・小さいブラシ(歯ブラシでも可)
・浴室用洗剤
・カビ取り剤
・キッチンペーパー


手順

①準備
手袋等を装備し、風呂場の小物類を移動しましょう。




②天井の掃除・天井の軽度のカビの除去
発生原因の多くは天井のカビにあります。ここが一番重要です。


そこで最初に浴室用洗剤で天井を掃除しましょう。


軽度のカビであれば一緒に落ちるはずです。



まず柄付きスポンジを水が滴らない程度に濡らします。

次に洗剤をスポンジに吹きかけ天井をこすりましょう。

最後によく水と洗剤をきった柄付きスポンジで天井の洗剤をふき取ります。


取り切れない場合は、再度スポンジでふくかマイクロファイバータオル等でしっかり洗剤や水気をふき取りましょう。




③残った天井カビの除去
キッチンペーパーにカビ取り剤をふくませ、伸縮ワイパーで天井のカビ部分をこすっていきます。


既定の時間置いたところで、乾いたキッチンペーパーで天井のカビ取り剤をふき取っていきます。




④壁や床、細部の掃除
浴室用洗剤でよごれや、軽度のカビを落としましょう。


その後水気はしっかりふき取るようにします。




⑤カビの除去
残ったカビ部分にカビ取り剤をかけ、上からキッチンペーパーで多い保湿しながら規定時間待ちましょう。

それでも落ちない場合は2~3回繰り返します。


全く落ちないカビ、浴槽エプロン部分の掃除

これに関しては業者に依頼するしかありません。


エプロン部はいろいろな汚れ・カビが堆積していて市販のカビ取り剤を使用するとガスが発生する場合があります。




トイレ

トイレのカビといっても各所によって方法は異なります。


壁や床は後述する住宅全般の壁や床のカビ取り方法と同じです。


後ほど詳しく紹介します。



タンクのカビについてはそれだけでかなり長くなってしまうので別の記事で紹介したいと思います。


ここではトイレの便器のかびの除去について紹介します。


使用する物

塩素系漂白剤
・ブラシ
酸素系漂白剤
・消毒用アルコール
・キッチンペーパー

※塩素系漂白剤と酸素系漂白剤は混ざらないよう必ず分けて使用してください。

手順

①便器のふちのカビ除去
塩素系漂白剤をかけ、規定時間置いた後にブラシでこすって落としましょう。


それでも落ちない黒い汚れはカビではない可能性があります。


水垢や尿石です。


こちらには酸素性漂白剤を使用します。


使用する際は塩素系漂白剤を2~3回流した後に使用しましょう。


換気も忘れずに行います。



②便器の蓋等、非陶器製部分のカビ除去
キッチンペーパーに消毒薬用アルコールをふくませふいていきます。


洗面所

洗面所は陶器部分やプラスチック部分、ゴムパッキン、床、壁があります。


プラスチック部分は消毒用アルコールでふいていけば落ちます。


ゴムパッキン、床、壁についてはまとめて後述します。



ここでは陶器部分(洗面台)のカビ除去法を紹介します。


使用する物

浴室用洗剤(中性洗剤)
・歯ブラシ
・スポンジ
トイレ用洗剤(酸性洗剤)
・カビ取り剤
・キッチンペーパー


手順

①軽度な汚れや表面のカビを落とす
浴室用洗剤など中性洗剤を使って落としていきましょう。


キッチンペーパーでよくふきとったり、水で流せる箇所はしっかり流しましょう。



②水垢を落とす
深く根ずいているカビの表面には水垢が覆っていることが多いです。


酸性洗剤でしっかり落としましょう。



③根づいたカビを落とす
まず酸性洗剤をしっかりとふき取るなり洗い流してください。


そしてカビ取り剤でカビを除去していきます。



ゴムパッキン

風呂や洗面所、窓についているゴムパッキンです。


使用する物

・掃除機
・消毒用アルコール
・捨ててもいいタオル
・キッチンペーパー
・カビ取り剤


手順

①乾いている汚れを除去する
窓などのゴムパッキンの場合、乾いた砂ぼこりなどが表面の汚れとしてあります。
 


まずはそれらを掃除機で掃除しましょう。

 


②軽度のカビの除去
次にタオルに消毒用アルコールをふくませ軽くこすっていきます。


1度でふき取れない場合は2~3回繰り返しましょう。



③根づいたカビを除去する
最後にカビ取り剤を塗布し、キッチンペーパーで保湿して規定時間置いておきます。


その後タオルでしっかりふき取りましょう。



各排水溝

浴室、台所、洗面台の排水溝ですが、ぬめりやカビが多く基本的には市販のものを使用するのが無難です。


ここでは私が長年愛用している市販品を紹介したいと思います。


・排水溝周辺や内部の手が届く場所

泡により広範囲に塗布できるます。


・排水管

CMでも有名ですが、私は排水管には錠剤を入れるだけでいいのですごく気に入っていますね。



台所

台所はシンクだけでなく、シンク下も重要です。

使用する物

重曹
50%酢酸溶液
・カビ取り剤
・キッチンペーパー
・食器用洗剤(中性洗剤)
・捨てても良いタオル
・スポンジ
・消毒用アルコール


手順

(シンク)
①食品カス、油カスを落とす
汚れが目立つ場所やぬめりが酷い場所に重曹をふりかけ、スポンジでこすります。

終わったら水で洗い流すか、キッチンペーパーでふき取りましょう。


②ぬめりや黒ずみを落とす
50%酢酸溶液を吹きかけ拭き取ります。


③それでも落ちない場合
食器用洗剤でこすり落としていきます。


多くの場合はこれで落ちますがこれでも落ちない場合にはカビ取り剤を使用しましょう。


(シンク下)
①収納しているものを全てとりだす


②お湯に浸したタオルで全面拭く


③半日ほど風を通す


④消毒用アルコールで全面拭く


⑤収納していたものを消毒用アルコールで拭く


⑥乾いたら元に戻して終了



家具、床、壁

使用する物

・掃除機
・消毒用アルコール
・捨てても良いタオル


手順

①乾いた汚れを除去する
まず表面のほこり等を掃除機で除去しましょう。


②カビの除去
カビが生えている箇所に消毒用アルコールを吹きかけタオルで落としていきましょう。

その後再度消毒用アルコールを吹きかけ5~10分ほど置き完全に乾燥すれば終了です。



※それでも落ちない場合は内部まで浸食している可能性があるため業者に依頼することをおすすめします。



各所予防策

水気・湿気対策

浴槽はできれば毎回入り終わった後天井と壁の水滴をふき取った方が良いです。


そして完全に乾燥するまで換気扇や除湿器を使っていきましょう。



台所や洗面所も同様です。



シンク下や湿気のこもりやすい部屋の隅・押し入れ、トイレには除湿剤を置いて、定期的に交換することが重要です。


換気も重要ですね。



また狭い空間に効果的なコンパクトタイプの除湿器もあります。



除湿機の選び方については以下の記事で詳しく紹介しています。


カビ対策にはかなり有効ではないでしょうか。



カビの栄養(汚れ)を除去

日々の掃除はカビ対策にはかなり重要です。


それに加え消毒用アルコールでの拭き掃除を行えばより効果的です。



『私的』対カビおすすめグッズ

ここまでカビの除去と予防策を紹介しました。



ここでは私が愛用している便利かつ効果的なグッズを紹介します。



日々のカビとの闘いが苦にならないよう、この際まとめて揃えてみるのも良いのではないでしょうか。



安全面対策

曇り対策もばっちりで、眼鏡をかけている方も問題なく着用できます。



(掃除道具)

こちらはお風呂掃除全般に使用しています。


スポンジ部分は折りたためて絞ることができます。


また角度調整が自由自在なので腰や首が痛くならずかなり楽です。



こちらの霧吹きは、絞り調節可能で細かい箇所にもピンポイントで噴霧できます。

またメモリも付いていますので、希釈する際にも便利です。


愛用している重曹です。あの激落ちくんシリーズで、コスパもかなり良いです。



おなじみのカビ取り剤ですね。安くてもしっかり落ちてくれます。



こちらは上の泡タイプと違い、ジェルですので狙った箇所にしっかり濡れます。



まとめ

黒いカビの対処について詳しく紹介しました。


やはり日頃の掃除や湿気対策が大切なんだと思います。



カビと一緒に生活すると思うだけでも鳥肌が立ってきますから、私はなにかに取りつかれたように徹底してしまうようにってしまいました。


ここまでにならなくても毎日の小さな積み重ねが大切だと思いますので、この記事がきっかけで何か変化があれば良いなと思っています。




カビ全般については下の記事にて詳しく解説しておりますので、合わせてお読みいただければ嬉しいです。





今回もお読みいただきありがとうございました。



ではまた次回に。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
入力欄はすべて必須項目です。