• ブログ主:こうさん
  • (2014年~)臨床検査技師として医療界で7年ほど従事。
    (2020年~)自分の経験を発信するためブログを始める。
    (好きなもの)ドライブ・ゴルフ・資格取得・アニメ・ゲーム
  • プロフィール詳細へ
  • お問い合わせはコチラ

『珪藻土バスマットおすすめメーカー7選!!』他:取り扱い、メンテナンス方法

ブームから数年が経ちますが、今だに高い人気を誇っている珪藻土製のバスマット。


当時珪藻土の吸水性等効果を疑っていた方はそろそろ購入を検討されているのではないでしょうか。




前回の記事では珪藻土とは何なのか、また珪藻土製の便利グッズについて紹介しました。



珪藻土グッズの中でも様々なメーカーが出しているのが、バスマットです。



そこで今回はバスマットに絞り、各メーカーを比較しながら紹介したいと思います。




また珪藻土製のグッズの取り扱い方とカビが生えた時の対処法も紹介していきたいと思います。



他の珪藻土製グッズにも共通することですが、特に日々使用するバスマットでは重要になってきますので、最後までお読みいただければなと思います。

<ニトリ珪藻土製品の自主回収について>
2016年12月4日~2016年12月16日まで販売していた一部珪藻土製品について、法令基準を超える石綿(アスベスト)が含まれていることが判明しました。本記事ではニトリの珪藻土バスマットをおすすめしていますが、今回の件に伴いニトリ製珪藻土マットの購入はしばらくの間控えていただくようにお願い致します。また私がニトリに問い合わせし確認したところ一部の珪藻土マットは石綿が確認されていない製品もあるとのことで、本記事ではニトリ製バスマットの説明欄につきましては記載した状態にしております(商品購入ページへのリンクは削除しております)。ニトリで安全性が確認できた時点で本記事でもお知らせしたいと思います。



選び方のポイント

各メーカーの相場比較

後ほど紹介する7つのメーカーについて比較していきます。



相場が高いと特許技術や高品質の珪藻土を使用している傾向にあります。


安いものでも珪藻土バスマットにおける最低限の機能はしっかり発揮してくれます。



では相場の高い順で挙げていきます。


比較対象は幅50~60㎝サイズのマットです。


  1. PURE REFRE     :8000円前後
  2. soil、asuwell     :6000円前後
  3. 宇部興産建材     :3000~6000円
  4. フジワラ化学     :3000~4000円
  5. アイリスオーヤマ   :2000~5000円
  6. ニトリ        :1000~3000円


偽造品に注意

低価格かつあまり有名ではないメーカーの場合、珪藻土の含有率が低いなどの理由で本来の珪藻土バスマットの効果を下回ってしまうことがあります。


ですから値段と商品ページのうたい文句だけで判断するのは危険です。



有名なメーカーであったり自分が信頼しているメーカーであれば、価格が安くても問題ないと思います。

しかし2020年12月に一部ニトリ製珪藻土マットにて法令基準を超える石綿(アスベスト)が含まれていることが判明しました。原因は公開されておりませんが、中国製である、製造工程に穴があったなど言われております。従って外国製珪藻土製品には特に注意して検討していただきたいと思います。



各メーカー詳細

soil

珪藻土製のグッズメーカーといえばまずsoilが挙がってきます。


バスマット以外にも様々なグッズを販売しています。


シンプルなデザインでどんなインテリアにもマッチします。



珪藻土の多孔質構造に加え紙線維を配合したことで、内部構造がより複雑になり吸水性が向上しています。


珪藻土が配合されたバスマットカバーもあり冬場冷たくなる欠点を補うことができます。

[上記商品詳細]
寸法:42.5(縦)×57.5(横)×0.95(厚さ)㎝
本体重量:約1.8㎏
表面は「soil」のロゴマークあり
天日干し、各種洗剤使用可否:表記なし
加重上限:表記なし(各ネットショップ口コミでは上限約100㎏)


宇部興産建材

宇部興産建材株式会社は建築資材全般を取り扱っている会社です。


珪藻土も建築資材の1つであるため、特許技術もあり従来よりも吸水性に優れた珪藻土製品を取り扱っています。


幾何学模様のようなラインが入ったデザインもありとてもスタイリッシュです。



商品ページになのらぼと表記がありますが、宇部興産建材の商品です。

[上記商品情報]
寸法:42.5(縦)×57.5(横)×0.9(厚さ)cm
本体重量:1.8㎏
表面は模様が描かれている
家庭用中性洗剤使用可能表記あり
天日干し不可
加重上限:表記なし(各ネットショップ口コミでは上限約100㎏)


フジワラ化学

建築仕上げ材を主に取り扱っている会社です。


建築仕上げ剤とは壁や天井の表面に塗る「下塗り材、主材、上塗り材」のパッケージのことです。


珪藻土も吸水性、脱臭効果、耐火性が優れていることから建築仕上げ材として使用されます。


こちらのバスマットもシンプルなデザインです。



また他のメーカーに比べて薄いにもかかわらず、耐久性に優れています。


※平坦な場所であれば130㎏まで耐えられると明記されています。

[上記商品情報]
寸法:43(縦)×55(横)×0.9(厚さ)cm
本体重量:2.2㎏
表裏面について表記なし(角の面取りしてある面が表か?)
洗剤・漂白剤使用不可
天日干し可
加重上限:130㎏


PURE REFRE

化学物質を使わずに木や土など天然素材のみを使った製品を多数手がけています。


珪藻土バスマットは木製のフレームに珪藻土をタイル状に並べたデザインとなっています。


平坦なタイプのバスマットに比べ、足裏の水滴が落ちていくのが若干速いように感じます。


また木製フレーム(防水性)であることによって、強度が増しています。

[上記商品情報]
寸法:39.3(縦)×54.4(横)×1.5(厚さ)cm
本体重量:2.5㎏
表面:珪藻土タイルがついている面
洗剤:界面活性剤をふくむもの不可、弱アルカリ性・中性洗剤可
天日干し不可
加重上限:表記なし
※修理相談窓口あり


asuwell

asuwellの珪藻土マットは特許技術による多孔質構造(吸水性)とにおい成分の分解する技術(特許申請中)、各種菌の繁殖を抑制する技術が魅力的です。



どのメーカー珪藻土マットも水分を放出させるために乾燥させることが必要です。


しかしasuwellのバスマットは乾燥させるまでの使用期間中、臭い等を分解し溜めることがないので、嫌な臭いを発生させることがありません。

[上記商品情報]
寸法:42.5(縦)×57.5(横)×0.95(厚さ)cm
本体重量:1.8㎏
表面:ロゴマークがついた面
洗剤:家庭用中性洗剤可、漂白剤・カビ取り剤不可
天日干し可否:表記なし
加重上限:200㎏


アイリスオーヤマ

低価格・高品質生活用品メーカーといえばアイリスオーヤマですね。


そんなアイリスオーヤマからも珪藻土バスマットが出ています。


珪藻土マットとしての機能は備えているため、特別な機能がなくてもいいから低価格で手に入れたいという方におすすめです。


  速乾快適バスマット

アイリスオーヤマ商品ページに移動します。


[上記商品情報]
寸法(Mサイズ):35(縦)×45(横)×0.9(厚さ)cm
本体重量(Mサイズ):1.55㎏
表面:表記なし
洗剤使用可否:表記なし
天日干し可否:表記なし
加重上限:表記なし
※付属品:サンドペーパー


ニトリ

ニトリの珪藻土マットの最大の魅力は最安値であるということです。


珪藻土マットを初めて購入するという方はまずニトリの商品で試してみるのも良いかと思います。


また商品によって付属でメンテナンス用のサンドペーパーや滑り止めがついてくるので、お得ですね。



珪藻土マットの取り扱い

正しい取り扱いやメンテナンスを行わないと破損や効果が薄まってしまいます。


購入してガッカリすることのないように、正しい取り扱い等について知っていただきたいと思います。


使用上の注意

購入時も含めて、使用上での注意点を挙げていきます。


耐久重量を知る(購入時)

珪藻土バスマットには各製品ごとに最大耐久重量が決められています。


耐久重量以上の負荷がかかると割れてしまう可能性があります。


そのため購入時にはよく確認いただき購入することをおすすめします。


置き場所

基本的に平坦な場所に置かないとなりません。


珪藻土は布や木などと異なり柔軟性に乏しいです。


そのためある1点や偏って負荷がかかると割れる原因となります。


表・裏を間違えない

製品によっては表裏がない場合もあります。


しかしほとんどの場合は表裏があり、ロゴマークや模様が入っていることで分かるようになっています。



表裏がある場合、裏面は耐久性を向上させるために加工がしており吸水しない場合があります。



表面裏面がよくわからない場合には、取扱説明書やWeb商品ページを確認するか直接メーカーに問い合わせした方が良いと思います。


メンテナンス

毎日行わなくとも定期的にメンテナンスを行う必要があります。


メンテナンスを怠っていると吸水性がなくなってきたり、カビ等が繁殖する原因になります。


乾燥させる

珪藻土内にたまった水分やにおい成分を放出させるために定期的に乾燥させましょう。



乾燥方法には天日干しできるものもありますが、バスマットにダメージが蓄積することには変わりないので、基本的には影干ししましょう。


風通しの良い場所であるならば、洗面所で使用後一日立てかけておくだけでも良いかと思います。


汚れがついてしまった時

通常は水洗いや拭き掃除のみとなります。


洗剤や漂白剤はNGです。



しかし製品によっては中性洗剤であればOKという場合もあるので、確認してみましょう。



また洗剤等NGの場合で洗剤等を使うと珪藻土の多孔質構造がふさがってしまい、本来の効果を発揮できなくなってしまいます。



表面の汚れを防止するために専用のカバーもありますので検討してみてはいかがでしょうか。


そのカバーは洗濯しないといけないですが。


表面を削ってみる

長い間使って黒ずんできた、臭いが取れない吸水力が戻らないなど水洗いや十分な乾燥でも改善されないときは、表面を削ってみましょう。


表面に汚れが蓄積して詰まっていることが考えられますので、それを取ってあげるイメージです。



ニトリのように付属されているものやメーカーで専用の紙やすりを販売している場合はそのまま使用するのがベストです。


そうでない場合は通常の紙やすりでも問題ありません。



紙やすりの番手(番号)は400番で削ってみて落ちないようであれば、240番から400番と削っていきましょう。



注意点としては思っている以上に削りカスが出ますので外で行いましょう。


また軽くこするだけで十分削れますので、あまり強い力を入れないように注意してください。



カビが生えてしまった時

除去方法は先ほど紹介した水洗い・拭き掃除・削り作業です。



他のサイトですと漂白剤やカビ取り剤を使いましょうと紹介されています。


すぐに水で流せば問題ないなど言われていますが、私はおすすめしません。



洗い流したとしても、目に見えないところですでに奥まで洗剤が入り込んでしまっているかもしれません。



一度奥までは洗剤が入り込んで固まってしまっては、水洗いでも削っても落とすことは難しくなります。




やるとしたら自己責任でかつ慎重に行いましょう。



他にもこんな便利グッズあります

珪藻土はその効果の高さからバスマット以外にも様々なグッズが出ています。


珪藻土バスマット以外の製品も取り扱い・メンテナンス方法は同じです。



除湿剤など小物関係が多いですが、すごく便利です。


以下の記事にまとめていますのでぜひ合わせてお読みになってみてください。


まとめ

今回は珪藻土製のバスマットについて紹介しました。



珪藻土は吸水性等便利な面はありますが、繊細な一面もあります。


日々の取り扱い方を正しく行えば、効果は長持ちして非常に便利です。




この記事を読んでいただいたこともそうですが、取扱説明書等をよく読んでください。




あなたの生活がまた一つ充実することを祈っています。



今回もお読みいただきありがとうございました。



ではまた次回に。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
入力欄はすべて必須項目です。